カラー加工 3

Φ40の素材を探して SS400のようです
段付きのカラーを作成
中繰りをするが生鉄なので凄くびびる
突っ切りも5ミリ増加したので途中までしか到達しない
やむなく、ガチャ鋸で
ガチャ鋸の新人君に出動依頼
電気入れてゴー
自動でアームが持ち上がる感じでもモーターの電源が切れずに
上まで上がってモーターから煙が出てくる

やむを得ず、何年か前のガチャ鋸君に
セットしたがバイスが片挟みな感じ
暫くしたらコトと言って切断後自動停止

旋盤で端面加工する
何か平行度が治具でも無いと揃えられない感じ
いい加減にチャックして加工完了

Φ20シャンクの物を通すが最後に止まってしまう
中繰りの加工深さが後 0.1ミリ弱と思われるぐらい
バリと同じくらいヒダがでている
ヤスリで落として

半完成

ねじ穴、座繰り、スリ割りの加工待ち



Nm-CIMG5034.jpg



Nm-CIMG5036.jpg



Nm-CIMG5038.jpg



Nm-CIMG5040.jpg



カラー加工 1,2 失敗

昨日
カラー二個作ったが
内径決めていないで切り離して、失敗

本日内径を半分の深さしか彫り込んでいなくて
一個ボツ
全て旨く行った物が一個
と思ったら、止めネジが掛かる厚みがない
Φ30の外形の素材
Φ20の内径 5ミリしかない

モノタロウの物を見たら
内径20の物は 外形 40でした
頭で出来ると思ったのに
実物見たら凄く薄い

●付属品: 六角穴付ボルト(黒染め)1本
●材質: SS400
●外径D(Φmm): 40±0.1
●寸法A(mm): 15
●止ねじ: M5×P0.8
●表面処理: 黒染め(アルカリ着色仕上げ)
●寸法X(mm): 14
●寸法W(mm): 1.5
●寸法d(Φmm): 5.5
●寸法Y(mm): 7
●幅L(mm): 12±0.1
●寸法R(mm): 4.5
●内径B(Φmm): 20
●六角穴付ボルト: M5×16
●RED BOOKVol4ページ: 1211

スタンダードスリットカラー黒染め---クローン
icon

icon
icon

主軸ベアリングホルダー

ベアリングをセットした
シャフトにベアリングがきついので
旋盤にシャフトをセットして紙ヤスリで磨いた
ぬるっと入った


耐水ペーパー 此に油を付けて磨いた
icon

icon
icon




Nm-DSCN4341.jpg



Nm-DSCN4344.jpg



Nm-DSCN4342.jpg



Nm-DSCN4348.jpg



Nm-DSCN4347.jpg



Nm-DSCN4350.jpg



主軸ベアリングホルダー

L150の主軸ベアリングホルダー
両端にベアリング2個セット出来るように穴繰り
シックリと嵌る

L75にすべく、真ん中からカットする

ガチャ鋸が良いのですが
コンターのテストを兼ねて

コンターのブルーシートを剥がすと
テーブルに赤く錆が
油紙ヤスリで擦る
太陽が眩しい

Nm-DSCN4280.jpg



Nm-DSCN4279.jpg



Nm-DSCN4278.jpg



Nm-DSCN4277.jpg



Nm-DSCN4281.jpg



Nm-DSCN4282.jpg



Nm-DSCN4283.jpg



Nm-DSCN4297.jpg



Nm-DSCN4285.jpg



Nm-DSCN4284.jpg



Nm-DSCN4303.jpg



Nm-DSCN4298.jpg




暑いです

ひとしきり、擦って後は無視
電源コードをカットしているので
プラグを接続した
最初スイッチが入らない
押しボタンなのに
と思ったら引きボタンスイッチでした

バッチリ逆転です

接続入れ替えて
正転

アメリカンバイスにゴムシートで養生して
傾くといけないので枕を反対にひく

スルスル時々ゴツ
スルスル時々ゴツ

1回転毎にゴツです
溶接が旨くないようです

でも切断面は綺麗です

後は旋盤で端面切削して
ベアリングの穴を 1個分掘ります

コレットチャックの軸は Φ20のL150なので
コレット側と駆動側にカラーを入れてベアリングを押さえようと思う

スタンダードセットカラー黒染め・・・・こんなやつを作ろう
icon

icon
icon


スタンダードスリットカラー黒染め・・・・スリットタイプの方が保持力有るでしょうね
icon

icon
icon


ベアリング内輪のみにカラーが当たるように段を付けて
与圧を掛けて取り付けよう
自作しても良いが安いので悩む所です
スリットタイプにしよう
ロックヒルさんの主軸も一年間ビクともしていないようですから
又明日
工房は窓を開放しましたが
扇風機で風を送らないと汗が凄いです

可成り良い感じ



Nm-DSCN4308.jpg



Nm-DSCN4311.jpg



Nm-DSCN4314.jpg



Nm-DSCN4315.jpg



Nm-DSCN4316.jpg



Nm-DSCN4318.jpg


フライス主軸ベアリングホルダー





Nm-DSCN4265.jpg



Nm-DSCN4267.jpg



Nm-DSCN4269.jpg



Nm-DSCN4270.jpg



Nm-DSCN4275.jpg



Nm-DSCN4274.jpg



Nm-DSCN4276.jpg



可成り光る

チップ 鋼、ステンレス、鋳鉄用の汎用材種
icon


icon
icon

この様な形状のチップが好きです


仕上げチップと切削液で
矢張り光が違いますね
食い込みが宜しいようでツルツルになります
Nm-DSCN4248.jpg


切削液の雫を拭き取った所
綺麗です
Nm-DSCN4250.jpg


端面も切削後ピカピカになりますし
切削時びびらないです
Nm-DSCN4251.jpg


端面でびびると此だけ長いワークなので怖いです
Nm-DSCN4257.jpg


綺麗でしょ
Nm-DSCN4259.jpg


反対にすると Φ50のワークは主軸貫通出来ます
安心して端面加工出来ます
Nm-DSCN4260.jpg


ロングドリルはこの長いやつはΦ15位なので
此の後 Φ27.5で2回目を開けました
ベアリングの内輪は Φ25位なのでΦ27.5は理想です
Nm-DSCN4261.jpg


此は矢張り両側から貫通させました
Nm-DSCN4262.jpg

テーパードリル此なら安くて良いですね
icon

icon
icon





テーパドリル 三菱マテリアル此も優れもの
icon


icon
icon

ロングなどリルが無いと作業は考えられませんね
此の後ベアリングの外輪の嵌る径に内径切削します

切り粉 快削鋼

本日の切り粉出し

快削鋼 Φ65 L150
此を、Φ50に細くする

低速ではザラザラ
高速でツルツル

予想の通りですね

Nm-DSCN4230.jpg



Nm-DSCN4233.jpg



Nm-DSCN4236.jpg



Nm-DSCN4238.jpg



研磨機の実習

昨日は3時より出発してロックヒルさんの所にお邪魔しました

ioioさんが先に到着していました
USBCNCと先日手に入れたモータードライバーを色々悩みながら接続していました

暫くしたらKEKEさん、その後keiokuさんも合流
KEKEさんの研磨機操作や治具を見せて頂きました
方向が見えたような気がします




ioioさん自作の反射型回転計
コンパクトに綺麗に製作されています
MM-DSCN9073.jpg


ロックヒルさん製作のCNCインターフェースのケースの彫刻
ラッカー塗料を樹脂のスクイジーにてワイプして乾かしている所
MM-DSCN9074.jpg


文字は0.5Rのボールエンドミルにて切削液で加工している
綺麗に光っています
MM-DSCN9076.jpg


コンパクトですね
MM-DSCN9077.jpg





円筒研削機
結構砥石がぶれています
MM-DSCN9078.jpg


Φ20位のサイズまでの物ですが
でかい
MM-DSCN9079.jpg


ダイヤモンドの砥石の成型治具
MM-DSCN9096.jpg


結構火花を出していますね
MM-DSCN9093.jpg



MM-DSCN9095.jpg





KEKEさんの刃物研削治具
私の持っているバイト研削治具と同じ
刃物固定部+スイベル部
そしてベンチレースの機構部を切断して使用しています
刃物台も利用しています
MM-DSCN9099.jpg


此処のパーツが命ですね
此を先日工業マニアさんに作って頂いたコレットと主軸をギャーと組み合わせて
回転角度を設定します
MM-DSCN9100.jpg



MM-DSCN9101.jpg



MM-DSCN9102.jpg



クイックチェンジコレット

クイックチェンジコレット主軸用ベアリング発注する
凄く遅いと石を投げられそう



単列深溝玉軸受 6904ZZE
icon


icon
icon

¥374
●特長:
転がり軸受の中で最も多く使用される軸受です。
軌道溝は、転動する玉の半径より、わずかに大きい半径の円弧になっており、玉と軌道は点で接触します。
深溝玉軸受はラジアル荷重、アキシアル荷重およびこれらの合成荷重を受けることができます。
構造が簡単なため、容易に精度の高いものが得られ、高速回転にも適しています。

●種別:
両シールド形
●材質:
高炭素クロム軸受鋼
●質量(kg):
0.036
●外径D(Φmm):
37
●幅B(mm):
9
●面取寸法r(mm):
0.3(最小)
●許容回転数(min-1[r.p.m]):
グリース潤滑:19000
●内径d(Φmm):
20
●基本静定格荷重(N):
3700
●基本動定格荷重(N):
6350
●取付関係寸法(最小da)(mm):
22
●取付関係寸法(最大Da)(Φmm):
35
●取付関係寸法(最大ra)(mm):
0.3



序でに、諸々を発注したが
目玉は ストレートエッジ


半値以下なのでそこそこ良い物ではないかと思う
高精度の研磨機があれば自作可能なのですが
今度、工業マニアさんに相談してみよう

ストレートエッジ
icon


icon
icon


¥5,681
●特長:
シリンダー、ブロック、インテークマニホールドの平面度測定に欠かせません。

●付属品:
ブローケース付
●仕様:
焼入なし

●質量(kg):
2.4
●外形寸法(長さL×幅W×高さH)(mm):
600×16×36
●エイシン型式:
ET-2033SG






クイックチェンジコレット入荷

工業マニアさんのクイックチェンジが届きました
後で写真掲載します

実物良いです

スピンドル
コレット
チャックハンドル
タッチプローブ
ツールプリセッター

スペースマウス
色々


会話

沢山のお土産有難う御座いました
私からは少ししか提供出来ませんで恐縮です

ベアリングの比較

ベアリングの特性比較


6804
WS000314.jpg


6904
WS000315.jpg


6004
WS000316.jpg


6204
WS000317.jpg


6304
WS000318.jpg


結果 

回転数は
6800 > 6900 > 6000 > 6200 > 6300
のようになっています

基本定格荷重は
反対の方向のようです

ベアリングの玉の大きさに関係してくるような気がします

工房訪問

先日から気になるコレットがあり
訪問して確認してきました

工房は当方から 片道 40㎞程の道のり
晴天で気持ちの良い日です

到着前の街道で その側道に進入するのが不安になる程
鋭角に細い
違反を恐れて少し先まで行き90度に右折
ずんずん進むとナビはもう行きすぎている
戻ると又鋭角に道がある
進入して 其のあたりの路地を入る

薪を切っていた女性に ここいらに「フォルム」という所はないでしょうかと聞きましたら
此処ですと

バッチリでした

ドアを開けたら 何時も聞き慣れた mmさんの声
でもイメージとは大分違っていた

工房内は 大きな NCマシンに囲まれている
その他の工作機械も沢山ある

例のコレットを見て頂き此に入るか聞いて
持ってきて入れるとバッチリ嵌りました

やっと、3.175のドイツの研磨機のシャフトにコレットが嵌りました
あとは、つまみ類製作とモータードライブ回路の修理です

mmさん有難う御座いました。

超~精密研磨機

超~精密研磨機


15年も前に活用した HDD 270MB
270GBでは無く単なる 270MB

デスクに研磨板を張り付け
ブン回しています
簡単に7900RPM 何か怖い感じ

Φ6 シャフトモーター

Φ6 シャフトモーター


2500~5500回転
トルクも大分ありそう

1
2

HDDスピンドル ブラシレスモーターを回す

以前から、壊れてしまった、HDDスピンドルを回したくて

今回、一寸したモータードライバーをゲットしました

ボリュームで回転数が可変出来る物です
電流設定もボリュームで・・・定電流なのかも

センサーレス ブラシレスモーター 3,4方式
三相 センタータップにHDDスピンドルは成っていました
軽やかにスタートして
グングン回ります

此にアダプターを接続して基板切削用のスピンドルになるか



スピンドルの検討--振れ

素晴らしすぎ
追加工の自信がない


ベアリングとスピンドル用シャフト

φ12のシャフトの在庫と今回入手した6801ZZE

●特長:
転がり軸受の中で最も多く使用される軸受です。
軌道溝は、転動する玉の半径より、わずかに大きい半径の円弧になっており、玉と軌道は点で接触します。
深溝玉軸受はラジアル荷重、アキシアル荷重およびこれらの合成荷重を受けることができます。
構造が簡単なため、容易に精度の高いものが得られ、高速回転にも適しています。

●種別: 両シールド形
●材質: 高炭素クロム軸受鋼
●質量(kg): 0.006
●外径D(Φmm): 21
●幅B(mm): 5
●面取寸法r(mm): 0.3(最小)
●許容回転数(min-1[r.p.m]): グリース潤滑:32000
●内径d(Φmm): 12
●基本静定格荷重(N): 1040
●基本動定格荷重(N): 1920
●取付関係寸法(最小da)(mm): 14
●取付関係寸法(最大Da)(φmm): 19
●取付関係寸法(最大ra)(mm): 0.3
●RED BOOKVol3ページ: 910




此をシャフトに通してみた
Vブロックにて振れを 2/1000のピクテスターで見たら
なんと振れが 1/1000も振れない
針がぴくりともシナイです


加工で問題は

同心に穴開け
振れが無いガタが無い 平行度の良い リーマ加工

同じく同心に駆動軸の加工
ブラシレスDC駆動とサーボモーター駆動を考えている
サーボの時はプーリー増速駆動
ブラシレスDCの時はカップリング駆動

早く色々な雑用をクリアして
ペンチレースを整備したい

3.175ミリのシャンク用スピンドル----部品購入

モノタロウ日祭特売を利用して購入
本当は10パーセントクーポンの時買いたいのですが
その時は忙しくて買うことが出来ない
数々


ベアリング類
ミニチュア玉軸受・小径玉軸受 ZZ(標準形)
icon

icon
icon


単列深溝玉軸受
icon


icon
icon



軸用スナップリング(バネ用鋼、HRC44~53)
icon


icon
icon

icon
icon




YSAA形スタンダードリニアシャフト
icon

icon
icon



ハイヘリカルリーマー ストレートシャンク
icon


icon
icon



ベアリング類
スナップリング類
シャフト類
リーマ


ヘリカルリーマは此のみ今まで 
3.18と6.00を購入している精度が良く開けられる様な気がする
何か、形がそのように訴えかけてくる


ベアリングも一つ一つは安いのですが
数がまとまると何か貧乏性になってしまう

シャフトはステンと鉄をセンタレスで外径精度も抜群

Eリングにしようと思ったが
外径の12が無い
スナップリングの方が全て揃っている


ホーローネジは以前箱で買っているので
今回はもう要らない
後はスリーブとカップリングをシャフトを加工後に購入するのみ
駆動は当然おもちゃのブラシレスモーターでと思う



刃物研ぎもこのスピンドルを利用するつもり
手動では目盛りを付けたノブをグリグリと回す

自動化で回転させるのにも
振れが皆無の物が必要なので
この形を多数製作しようと思う
精度良く加工するのに
ペンチレースを以前整備しましたが
現在錆錆なのですが
スピンドルはバッチのです
刃物台は錆など気にしないし直ぐ落ちるので問題なし
芯押台というかドリルチャックもバッチリ問題なし
結構風雨に曝されたのですが
バイク用のシートが防水効果を発揮していました
雨の日にシートが掛かってい無い時もありましたが
やっと日の目を見ます
コレットも何とかあるのでブレがなければいいなぁと思っています

3.175ミリのシャンク用スピンドル---2

軟鉄のφ13の錆びている物を
長いので600位にバンドソーでカットする

その後、汎用旋盤にてセンターのモミ付け
130位を外形切削
センター押しをしているので刃物が細い物しかセンター側に入り込まない
尖った菱形の刃物を用いたが、研削チップの歯が鋭い物なので
直ぐ歯が欠けてしまった

一寸欠けそうに無いもので外形を切削
自動送り900回転/0.04位から
900回転/0.02に変更して
最後の一回をガマン出来なくて
0.02ぐらい多くしたら
7.95位まで小さくなってしまった
希望は7.99~7.98
ベアリングを差し込んだらブカブカです

其れより、肌が研削とは別世界のザラザラです
研磨級が良いなぁ
偏芯はないがザラザラ


此を検討する
外形はバッチリ---外径D(Φmm) 8(公差g6:-0.014~-0.005)
価格も安い

YSAA形スタンダードリニアシャフト
icon


icon
icon


刃物側にリングにて止める
ステンレスE型止め輪
icon
外形8と10を購入してみよう

3.175ミリのシャンク用スピンドル

3.175ミリのシャンク用スピンドル

電力屋さんのそっくり真似をする方針にする


写真お借りします
電力屋さんの、写真借ります
プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示