34401A GPIB 82357B 接続


82357B USB接続のGPIBインターフェースを手に入れました

DELLノートにてテスト

WS000068_201603062233115ec.jpg


DSCN7744_R.jpg





DSCN7742_R.jpg





DSCN7743_R.jpg






DSCN7745_R.jpg





DSCN7746_R.jpg


DSCN7772_R.jpg





DSCN7773_R.jpg





DSCN7774_R.jpg






DSCN7775_R.jpg











ギターチューニングの変化


弦を変えて
チューニングしました

次の日見てみました
少しずれていますが
チューナーが有るので判ることですね

絶対音感持っていないので
今までは適当な状態 









DSCN7601_R.jpg





DSCN7602_R.jpg





DSCN7597_R.jpg





DSCN7605_R.jpg





DSCN7606_R.jpg





DSCN7607_R.jpg





DSCN7608_R.jpg





DSCN7609_R.jpg





DSCN7610_R.jpg



























ギター・チューナーの比較テスト




孫1が学校の軽音楽部でギターを練習している
そこでチューナーを送ってあげた
自分でも気になったので3種類ほどでテストした
孫1に送ったものは右の物です
そんなに悪くないし
ギターの弦番号が表示されて初歩には好都合でした




右の縦の画面
(ストリング ハウス)String House ST01 チューナークリップ ブラック(ギター・ウクレレ・ベース・バイオリン
販売: String House JP
¥ 852
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0140GZMU2/ref=oh_aui_detailpage_o04_s00?ie=UTF8&psc=1
いろいろな楽器の選択表示
ギターでは弦番号とコードを表示
意外と設定後は安定しているが
設定途中は表示が不安定な感じ
保持時間は『KORG クリップ式チューナー pitchclip ピッチクリップ ギター/ベース用 PC-1』と同様の時間
一致すると画面の色が緑に変化する


真ん中
KORG クリップ式チューナー pitchclip ピッチクリップ ギター/ベース用 PC-1
販売: Amazon.com Int'l Sales, Inc.
¥ 874
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B004VVFZHW/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1
#とdの表示あり
クロマチック
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B004VVFZHW/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1
電源スイッチON時に長押しで上下反転表示



S.Yairi ヤイリ クリップチューナー Chromatic Clip Tuner SYC-01
販売: Amazon.com Int'l Sales, Inc.
¥ 580
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B014IBOAEI/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1
保持時間が短い
電源スイッチは画面右の側面の小さいスライドスイッチ
下にスライドでオン















HP 34401A ノイズ観測


先日の LM399Hのシグナルが凸凹しているのが気になり
HP 34401A の入力からA/D迄のノイズを観測
入力条件入力ショートピン

30分ぐらいの間で P-P 500nV
LM399Hのシグナルが凸凹には影響なし

WS000439.jpg



https://drive.google.com/file/d/0B7CLtfM4qjI4b19DNGM2QVpVYXc/view?usp=sharing


WS000440.jpg



LM399Hのシグナルが凸凹

WS000434.jpg






GPIB PCI CARD

今所有しているのが
NI PCI-GPIB
PCI 用高性能 GPIB インタフェース

WS000113_2015053108103449b.jpg


LabVIEW入門_3時間実践セミナーPDFテキスト




LabViewプログラミングメモ









この度追加しました
コンテックGP-IB(LPCI)FL
GP-IB(LPCI)FL
PCI対応 低価格高速型GPIB通信ボード


P5290029_R.jpg


ロープロフィールでブラケット自作して標準に改造します






テスト用ワニ口クリップコードが燃えた


電源とDC/DCコンバータのワニくちクリップコードが燃えた
10A位流れたのですが0.2SQ位の細いやつでした
信号用で売られているもの
数Aなら行けたのでしょうが
テストに夢中になっていたら、ビニールコードがトロトロに焦げて煙がすごく出てきた

ワニくちのみ再利用電線を少し太いものに交換


最近 電線がどこにあるのか
荷物に隠れてわからない

2SQ2芯のキャプタイヤコードも見当たらない

先日の電源のファストンタブとACプラグと繋ぐコートを作りたい
無ければ、2SQのコードでバラで作ろうと思う
工具も見つからない
荷物の中にもぐりこんでてなかなか出てこない

早く壁コンセントのAC200V単相コンセントにつないでみたい








100W LED 計測


このような形のLEDを点灯テスト

秋月の照度計 デジタル照度計 LX-1010B で計測したが
100WのLEDは最高光度に移行すると段々照度が少なくなる
目で見ると段々明るくなるのに

◆レンジ一覧
 2000/20000/50000LUX
◆表示:3+1/2桁(最大1999表示)液晶



そこで、
デジタル照度計 HS1010 露出 カメラ 環境計測 日本語説明書付

・計測範囲:200~1,999LUX 2,000~19,990LUX 20,000~199,900LUX
・データーホールド機能
・max/min更新機能
・精度 ±3(0~10,000LUX) 5%(10,000~199,900LUX)



50000LUXが199,900LUXと4倍ですがレンジが大きくなる

後は測定距離を離して計測するしかないかも













34401Aのモニターソフト


Agilent BenchVue




WS000326.jpg




WS000327.jpg





WS000328_20140505144835582.jpg

















温湿度計付き電波時計


アナログな目覚まし時計がアラームの接触が悪くなったので
新調する

温湿度計付き電波時計NR529S
なんと1個送料込みで1000円




温湿度計測付き
電波時計

DSCN7187_R.jpg


電波はフルスケールで福島が入感する
未だ同期がとれていない

DSCN7190_R.jpg



箱から出したばかりでは
湿度計が個体差が8パーセントぐらいと大きい
温度は誤差が2度以内

DSCN7194_R.jpg



何時間か経過後
2個並べてみると
個体差が余り感じなくなる

DSCN7200_R.jpg















V1000モニタソフト




WS000285_20131225175949a26.jpg





WS000286_201312251759480cf.jpg





WS000287_20131225175946d3c.jpg





WS000288_2013122517594598e.jpg





WS000289_2013122517594344c.jpg

















期待はずれかADS1282


ADS1282 32ビットのΔΣ
電源は ±10V,±5V,+5Vの5種類
ケンウッド PW18-1Tを2台

±10V,+5V
±5V
コモン共通

P9280001_R.jpg





P9280004_R.jpg





P9280007_R.jpg



オフセットとフルスケールの調節をして表示
1V入力時

WS000238_20130928183935ceb.jpg


信号コードをシールドにしたりしないとノイズが凄い
24ビットのΔΣの時はサンプリングが数サイクル/秒にセットできるが
此のADS1282は最低速が250SPSにしか下がらない
地震観測が可能なのは振動信号が取り込めるということ
いくらビット数が多くても有効ビットが多くなければ使用に耐えないです

WS000239_2013092818420976d.jpg



信号ケーブルにシールド線を使用するのと信号源にノイズが出ないようにしないと
駄目みたい

なんか高精度にする何かがありそう








32BIT A/D EVボード ADS1282EVM-PDK


単品のICも手に入れましたが
直ぐ動かすには敷居が高いので
エバボードを手配する

在庫があるので直ぐ出荷してもらえるが
アメリカも休日でしょうね

来週半ばには手に入れて色々と弄くれると思う

果たして実際に何ビットまで有効なのか気になる

アナデバ、リニアテクノロジー、と試しましたが
TIが評価ソフトが良いのかどうか分からないですが
有効ビットを増やすにはどのような条件にすればいいのかが分かり易い

期待が高まる

ADS1281EVM-PDK.jpg



前回のエバボードはACアダプターが付いてこなかったので
プラグサイズが異なり難儀しましたが
今回は価格が高いのでACアダプターが付いてくる

WS000056_201309210127351e6.jpg













抵抗ボックス・・・高精度抵抗など


ジャン測で1000円スタートの物があって買いたかったのですが
自分の所に2個有るのを妻に指摘される

調べたら0.1Ωから10KΩのレンジの物が2台
同じ型番の時代が異なる物
横河電機製


20ミリΩ程残留抵抗がある

0.1Ωを計測したが計測値がばらつく
2端子計測でセレクトスイッチが全て0にて
NULLで計測環境をゼロΩにしても少し期待値よりずれている感じ
4端子法で計測しても同じく少し期待値よりずれている感じ

LCRメーターでもう一度計測してみようと思う












東京光音電波 RN70S 250ΩA ±0.05% 精密級 金属皮膜固定抵抗器


P9180017_R.jpg





P9180018_R.jpg





P9180019_R.jpg





P9180020_R.jpg





P9180021_R.jpg





P9180022_R.jpg
















P9180023_R.jpg





P9180024_R.jpg





P9180025_R.jpg





P9180026_R.jpg





P9180027_R.jpg





P9180028_R.jpg





P9180029_R.jpg





P9180030_R.jpg





P9180031_R.jpg





P9180032_R.jpg





P9180033_R.jpg





P9180034_R.jpg





P9180036_R.jpg





P9180038_R.jpg





P9180039_R.jpg





P9180040_R.jpg












34401A,196,R3450,CA100


本日はまた夏の気温がおそいました
暑いです

P9130022_R.jpg



34401A,196,CA100の電源をオンしてテストスタート
196ずれ大きいです

P9130023_R.jpg



10分後
R3450も追加します
少しずつ良い数値になっている感じ

P9130024_R.jpg



35分後
196が未だ少し大きな数値

P9130025_R.jpg



64分後
34401Aが行き過ぎたような数値になる

P9130026_R.jpg



68分後
ドンドンとみんなマイナス傾向になる

P9130027_R.jpg



77分後
R3450が良い数値

P9130028_R.jpg



81分後
34401Aマイナス傾向

P9130029_R.jpg



83分後
34401A,196マイナス傾向

P9130030_R.jpg



89分後
34401A,196マイナス傾向続く

P9130031_R.jpg



100分後
34401A,196マイナス傾向続く
R3450は分解能が1桁少ないので良く見えているだけなのかも

P9130032_R.jpg



105分後
CA100を34401Aに合わせてCALする
全てが数デジットに収まる
CA100の分解能が足りないので正確な数値に合わせられない
CALの高精度な物がほしい
7桁位のが欲しい

P9130033_R.jpg





REF電圧の高精度な物も欲しいですね
正確に出力可能な方式も
手に入る物はD/Aかと思うが24bitも必要になるようだし

WS000053_20130913234453c70.jpg









3478A、34401A CA100


画像データ



9/11 10:18
撮影開始時の気温 24.5度

P9110003_R.jpg



DMMの電源は昨晩からオフ状態

P9110004_R.jpg




9/11 10:18
DMMの電源オン

P9110005_R.jpg




9/11 10:27
DMMばらつき出てきました

P9110007_R.jpg




9/11 10:39
あまり変化なし

P9110008_R.jpg



9/11 10:40
入力オープン

P9110009_R.jpg



9/11 11:08
未だ、DMMはばらついています

P9110013_R.jpg



9/11 11:20
少し収束し始めたかも

P9110014_R.jpg



9/11 11:32
未だ少し残っています
CA100のCALが必要かも

P9110015_R.jpg



9/11 12:25
少し気温が上昇

P9110016_R.jpg



9/11 12:26
CA100のCAL
少しばらつく

P9110017_R.jpg




9/11 12:53
DMMはCALはしていません

P9110018_R.jpg



9/11 12:54
やはりCA100のずれのようでした

P9110019_R.jpg



9/11 13:38
殆どずれが無くなる

P9110020_R.jpg



9/11 13:38


P9110021_R.jpg



9/11 14:42
DMMが同じ表示になる

P9110022_R.jpg



9/11 16:11
可成り暑くなる

P9110023_R.jpg



9/11 16:11
殆ど動かなくなる

P9110024_R.jpg


CA100は34401Aに合わせて
CALをすると全てが半日で安定する
あとは196を混ぜて比較テストをすると全てが良いのか
196だけずれているのかが分かるが
全部積み重ねると マルデトーテンポール??? 馬鹿の見本の感じ

今、31BIT分解能のA/Dを注文しているが
8桁ぐらいの分解能のDVMが実現できたらいいと思う













3478A、34401A 他


画像データ



9/6電源オン
下の一番古いのが少しオフセットが目立つ
何時間か後にCAL実行


P9060055_R_R.jpg





P9060062_R_R.jpg





P9060064_R_R.jpg





9/7電源継続
通電したままだとドリフトしない
CA100を通電したままにて観察
CA100を34401Aに合わせるCAL実行

P9070071_R_R.jpg





P9070074_R_R.jpg






9/9電源継続
10.000,00V測定時
 9.999,85VにCA100がずれている
CA100を34401Aに合わせる

DMMはずれはなく
CA100をCALする

夜CA100のみ通電
DMMは電源オフ

P9090080_R_R.jpg





P9090086_R_R.jpg





P9090088_R_R.jpg





P9100008_R_R.jpg





P9100012_R_R.jpg

















3478A 5.5桁と34401Aの6.5桁の表現


3478A   5.5桁は  303099カウント
34401Aの 6.5桁は 1199999カウント
それぞれがそれ以上でオーバーレンジに成ります

最小レンジは
3478A 5.5桁は   00.0000mV
34401Aの6.5桁は 000.0000mV 
分解能は同じです

此も分解能が同じ
3478A 5.5桁は   11.0000mV
34401Aの6.5桁は 011.0000mV 


此は1桁良くなる
3478A 5.5桁は   110.000mV
34401Aの6.5桁は 110.0000mV 


此は同じ分解能に成る
3478A 5.5桁は   120.000mV
34401Aの6.5桁は 0120.000mV 


此は同じ分解能に成る
3478A 5.5桁は   290.000mV
34401Aの6.5桁は 0290.000mV














特性が良いコンデンサ・・・・新品3種


本日の室温 30.9度 未だ未だ上昇中

P8050117_R.jpg



サンプルは前回の計測コンデンサと同じシリーズ
双信のQS06,QS10,QS15
QS15 200nF
QS10 47nF
QS06 25nF
の3種2個ずつ

P8050114_R.jpg



#1~#6迄番号をつけた

P8050128_R.jpg



#1
-0.05%誤差

P8050115_R.jpg



#1
199.88nF D0.0000%

P8050116_R.jpg



#2
-0.26%誤差

P8050118_R.jpg



#2
199.49nF D0.0000%

P8050119_R.jpg



#3
-0.03%誤差

P8050120_R.jpg



#3
47.02nF D0.0000%

P8050121_R.jpg



#4
-0.10%誤差

P8050122_R.jpg



#4
47.05nF D0.0000%

P8050123_R.jpg



#5
-0.04%誤差

P8050124_R.jpg



#5
24.99nF D0.0001%

P8050125_R.jpg



#6
0.28%誤差

P8050126_R.jpg



#6
25.07nF D0.0001%

P8050127_R.jpg



#1
200.1nF D0.000%

P8050129_R.jpg



#2
199.68nF D0.000%

P8050130_R.jpg



#3
47.12nF D0.000%

P8050131_R.jpg



#4
47.15nF D0.000%

P8050132_R.jpg



#5
25.05nF D0.000%

P8050133_R.jpg



#6
25.10nF D0.000%

P8050134_R.jpg














特性が良いコンデンサ・・・・計測してみる


DE-5000とZM2353にて計測してみました


QS11 93460PF ±0.25% 
DE-5000
93170PF D=0.000%

P7300045_R.jpg



QS10 50000PF ±1% 
DE-5000
50190PF D=0.000%

P7300046_R.jpg



QS10 50000PF ±1% 
DE-5000
50220PF D=0.000%

P7300048_R.jpg



QS11 93460PF ±0.25% 
ZM2353
93000PF D=0.0000%

P7300049_R.jpg



QS10 50000PF ±1% 
ZM2353
50140PF D=0.0000%

P7300050_R.jpg



QS10 50000PF ±1% 
ZM2353
50090PF D=0.0001%

P7300051_R.jpg






QS10 50000PF ±1%
は2個有りますが
50WVの文字がかすれているので判別する

P7300053_R.jpg






















コンデンサ計測1.1~2.0%


ポリプロピレンの1.1~2.0%

メタライズコンデンサ104-250V

ポリプロピレンは以前グループ分けした物をデー取り
メタライズコンデンサ104-250Vも以前データ取りした物を再度データ取り


画像倉庫のリンク


日立104-250Vの3,4の2009-04-11時のデータ参考値
気温25.4度時




計測時の気温 32.1度

P7120066_R.jpg



#1 ポリプロピレン

P7120067_R.jpg




#1 ポリプロピレン

P7120068_R.jpg




#2 ポリプロピレン

P7120069_R.jpg



#2 ポリプロピレン

P7120070_R.jpg




#3 メタライズコンデンサ104-250V

P7120071_R.jpg




#3 メタライズコンデンサ104-250V
2009-04-11時のデータ参考値
ほとんど誤差がありません
温度差 7度
測定器の経年変化 判らないほどです
測定器購入時に計測した物のほとんどが現在値と差がないです
ポリプロピレン、PPS、マイカ、スチコン、等特性が良いコンデンサにて
マイラーとマイカの標準品は温度変化大です

Nm-DSCN3964.jpg



#3 メタライズコンデンサ104-250V

P7120072_R.jpg




#4 メタライズコンデンサ104-250V

P7120073_R.jpg



#4 メタライズコンデンサ104-250V
2009-04-11時のデータ参考値

Nm-DSCN3965.jpg



#4 メタライズコンデンサ104-250V

P7120074_R.jpg


















プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示