アルディーノ  色々


手に入れてまだ動作確認していない
シリアルポートのコネクターを半田付けの必要あり
USBシリアル変換基板がまだ届いていない

DSCN7749_R.jpg





DSCN7750_R.jpg





DSCN7748_R.jpg









USBインターフェースはCH340使用
win10にてすぐ認識
ポート番号を設定するとすぐ使えた

DSCN7763_R.jpg





DSCN7764_R.jpg





DSCN7766_R.jpg





DSCN7767_R.jpg



ブレッドボードのピンヘッダーのはんだ付けが傾いている
修正必要
チャイナ品質
ピンヘッダーのはんだ付けが無いほうが嬉しい
価格安くなるのではないか

DSCN7771_R.jpg







USBインターフェースはCH340使用
繋がらず焦りました
どうも、ブートローダーが無いみたい

WIN7にてUSBシリアル変換コードにて書き込む
その前にドライバインストールする

ATMEL AVRスタータキットSTK500
にて、ブートローターをICSP接続で書き込む

その後、USBにてIDEにてLED点滅ソフト書をき込み
ブリンク確認

win10のノートでも動作確認OK

DSCN7751_R.jpg





DSCN7753_R.jpg





DSCN7756_R.jpg





DSCN7760_R.jpg




DSCN7761_R.jpg














BASCOM DEMO


BASCOM DEMO

PICからAVRに関心を持った方が
BASCOM DEMOをインストールしたが不具合が出るとのこと
未だWIN7 64BITをインストールしてから
本物をインストールしていないので
丁度良いかと思いお付き合いしてみました

ここからダウンロードします
『BASCOM-AVR Demo version.
Limited to 4KB of code.

Limited support is available for the demo.

This is a ZIPPED file. It contains one file, which must be unzipped.
You can run it from within Winzip or Windows XP directly.』
下から2段目



WS000161_20130702102259.jpg





WS000162_20130702102301.jpg





WS000163_20130702102302.jpg





WS000164_20130702102304.jpg





WS000165_20130702102306.jpg





WS000166.jpg





WS000167.jpg





WS000168_20130702102352.jpg





WS000169_20130702102354.jpg





WS000170.jpg





WS000171_20130702102428.jpg





WS000172_20130702102429.jpg





WS000173_20130702102431.jpg
















ATMEL JTAGICE3を追求中


ATMEL JTAGICE mkIIと3を追求中
ATMEL JTAGICE mkIIと3にて、TINY2313は書き込みのみ
デバッグ出来ないので、色々ネットで調査

PORTDのオンオフの簡単な物を
C言語で、デバッグ
問題なく動きました

TINY2313のアセンブラで動かしたいのですが、今のところ動かず
気になるところは、ヒューズビットのCKDIV8を有効にしている位が、凄く問題なのかも
今回のMEGA168P_ICE3では、CKDIV8を無効にしている





ATMEL JTAGICE mkIIと3


KEEにて JTAGICEを以前購入していましたが
書き込み機能だけ使っています
ICE機能が未使用
今回、JTAGICE3を入手して
デバッグ機能を・・・・と、でも同様です

この方は、廉価版にてデバッグ機能を使っています













winder debug シミュレート中














10年以上前のアトメルチップの更新作業

AT90S1200と言う物を最初使用していました
現在は手に入りません・・・・・チープには

其処でAT90S2313を何年か前に検討していましたが
内部クロック動作なので
アダプターとか考えていたのですが
TINY2313に変更してみました

未だ、シミュレーターのみですが
時間割込みと、タイムベースと、EEPROMの変更で
動いて居ます

後は、ボードでスイッチとLEDにて確認しましょう

相違点            AT90S1200     TINY2313
内部クロックの違い    1MHz          4MHz   2秒では桁数が足りなくて、1秒2回とする
EEPROMの違い       プログラムが異なる、サンプルに習うと動作する
電源電圧監視        無し           BODヒューズモード2
ビットチェックが動作しなかった           命令変更
ベクターテーブルが異なる              増えたのと位置が異なる
スタックポインターがメモリーになり         プログラムで指示する







此は、AVRを最初に利用した物のようです
ジャンボロール巻き取り機に始まり

image1331A.jpg



image1341B.jpg



その後、リアルタイムな流量重量計測

image1331K.jpg



image1321J.jpg



image1391L.jpg



バクテリアでの生ゴミ処理機

image1361E.jpg



image1371D.jpg



1500個位利用した感じ
ICE200も商社に依頼して入手したり
でもデバイスは1000個位では当時は商社が高価でした。秋月に依頼して直接購入していました
10万円以上で5パーセント上乗せでも他のどこよりも安いです



uno











AVR日本語情報サイト

日本語翻訳マニュアルの提供再開

感謝して活用させて頂きます

AVR JTAGICE mkIIクローンのファーム




Click here to download
the latest firmware for
AVR Studio v4.18 and
AVR32 Studio v2.3 !



ATMEL JTAGICE mkII クローンのファーム

KEE mkII Lite v2


KEE AVR JTAGICE mkII


のファームがバージョンアップ
latest firmware for
AVR Studio v4.17 and
AVR32 Studio v2.2 !

HERO'S Downloadは2009年9月13日に閉鎖し、以下へ(暫定)移転しました。

http://moon.gmobb.jp/hero/

AVR JTAGICE mkII クローン

先日、ファームがアップしていたので
アップしたつもりがホルダーが違っていて違う物が書き込みされた風

幾ら本物を書き込みしてもしらばっくれているし
ターゲットを認識しません

もう一台で、ファームアップしたものは問題無し

何かがっかりです

AVR JTAGICE mkII

AVR JTAGICE mkII のクローンのファームがバージョンアップしました
なかなかアップしませんでしたね


WS000548_20090424222313.jpg



WS000549.jpg


KEE mkII Lite v2のは未だのようですね

Sanguino計画2

引用
和訳
http://72.14.203.132/translate_c?hl=ja&sl=en&tl=ja&u=http://sanguino.cc/softwareforwindows&prev=hp&usg=ALkJrhjAS9HUmunjzCQsx-X1K2KaMB-dow

原文
http://sanguino.cc/softwareforwindows


1.Arduino のソフトウェアをインストール
http://arduino.cc/en/Main/Software
2.Sanguinoソフトウェアをインストール
http://blog.reprap.org/2009/02/sanguino-software-v14-release.html
フォルダのコピー
ソフトウェアファイルを解凍します。 Arduino 、いくつかのフォルダに必要なソフトウェアをディレクトリにコピーする

●コピー sanguino-software-1.x/cores/sanguino を、
arduino-0012/hardware/cores/sanguino
●コピー sanguino-software-1.x/bootloaders/atmega644p を、
arduino-0012/hardware/bootloaders/atmega644p
●コピー all the folders in sanguino-software-1.x/libraries/を、arduino-0012/hardware/libraries/ 既存のライブラリーを上書きします


編集 boards.txt

下記ロケーションのArduinoのファイルを開きます arduino-0012/hardware/boards.txt そして文末に下記ファイルを追加します sanguino-software-1.x/boards.txt to the end of the arduino boards.txt file.

編集用のソフトはノートパッドは文字化けして駄目ですTERAPADで編集しました

リセットArduino
Restart (or start) your Arduino host software. From the Tools -> Board menu, select the Sanguino board

WS000424_20090222004234.jpg





WS000425.jpg

Sanguino計画

Arduinoの変形のSanguino
ケチケチ大好きの私好み

オリジナルのArduino

 CPUがMEGA168の構成


Sanguinoは MEGA 644Pを使っている
ピン数の多い物


GPLライセンスなので色々調べると先人の足跡が沢山見つかります

MEGA 644Pは550円で入手可能

環境良いです

まずは転送テストの準備

基本の USB -> 232C 変換の基板も入手 950円
どこよりも安いかも


比較表
WS000403_20090211004018.jpg


プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示