CNCインターフェース基板製作 部品刺し・半田付け・・完了


抵抗とダイオードを先に取り付ける
先ず足を曲げる

目がショボショボなのでヘッドルーペ使用する


P8250063_R.jpg





P8250065_R.jpg





P8250070_R.jpg



半田付け前の部品全部乗せた
一区切り
その後本日半田付けした

リードカットを至急分先に済まそう

P8280073_R.jpg











ICのリード矯正・・・痛くて堪りません


サンハヤト ピンそろった ICS-01 ワンタッチでDIP ICのピンが整列
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00J2QNWI0?psc=1&redirect=true&ref_=oh_aui_detailpage_o03_s00

趣味の電子工作のホームページの方の紹介で
上記の物を手に入れて直ぐ試しましたが
ICの穴にスッポリと入りました
今回製造に利用しましたが 100個程加工したとき手に違和感があり
凄く深く溝が出来ていました

91M7Y2iKTcL_SL1500_.jpg








手を保護するためにクッションを

DSCN7525-S.jpg




DSCN7526-S.jpg






CNCインターフェース基板製作開始


CNCインターフェース基板製作の準備

昼間熱いので夜作業してますが
抵抗の足加工は事務所でも良いので持って帰ろう
工房は半田付けとリードカット
半田修正とテスト

部品刺しまで事務所で行ける

















暑すぎ・でも・配線


コンバータを組み立て
100V入力の倍電圧

伊藤様インバータ化




1.5KW
此処の環境では290Vの直流電圧でした

m-DSCN6178.jpg



モーターの配線はテスト用モーターの配線を利用しました
電源はR,Sに接続しました

m-DSCN6179.jpg


上の図のコンバータ回路を利用しました

WS000172.jpg




ブリッチダイオードは放熱を良くする
アルミ板などをねじ止めした方がよいです
コンデンサはタッパなどの絶縁ケースに収納すればいいです

m-DSCN6180.jpg



細い信号線はシールド外皮の通信ケーブル使用
ケーブルに負荷がかかると切れてしまうので
ケーブル外皮をインシュロックタイで完全に固定する

m-DSCN6181.jpg



スタートスイッチ ・停止スイッチ・回転方向切り替えスイッチ・回転数可変ボリューム
スイッチをパネルに取り付けるときは
写真の配線の直ぐ上の白い樹脂を押して取り付けねじ部と本体を分離する

m-DSCN6183.jpg



半田付けしていて
半ズボンで太ももに熱い物が落ちたと手でずらしても熱いのに
なんか直ぐ判断が出来ず2カ所コテの跡がついてしまう
脳みそが何が起きたか判断するのに時間がかかりすぎた
斜めの火傷はヒリヒリする
鏝の形が見えます

m-DSCN6184.jpg







パラメータは回路図のように変更してテストしました
パラメータ変更時にはモニターケーブルが便利です
図のように全体が見通し出来ます

m-WS000272_20120803191517.jpg

WS000270_20120803191058.jpg











JOG操作パネル実働2


軸の位置が見えにくかったので矢印を書きました
とてもよく動作がわかります










ギアードモーターの電流が半分ぐらいでした
トリップするので原因が解らず
ロータリースイッチの矢印をよく見たら真反対
電流が半分ぐらい

正常にしたらバリバリ早く回る





JOG操作パネル実働


SS基板とJOG・START SW・状態表示

実際のプログラムにて動作テスト
速度は遅くしています

















2相基板の組み立てテスト


組み立てテスト済みの依頼です

m-DSCN6006.jpg





m-DSCN6007.jpg





m-DSCN6008.jpg





m-DSCN6009.jpg





m-DSCN6010.jpg





m-DSCN6011.jpg





m-DSCN5973.jpg





m-DSCN5974.jpg





m-DSCN5975.jpg

















CNCインターフェース基板製造終了・・・の手前、完成数枚


基板カット後端面ヤスリかけ処理
半田不要をマスキング
部品のリード曲げ
部品挿入
フラックス付け
半田上げ
半田修正
デジタルトランジスタ付け


2012年3月9日現在 5枚完成






明日先行テストします

その後注文品の対応します

注文後ケーブル製作して出荷します








やっと、半田付け、リードカット



m-DSCN5807.jpg





m-DSCN5808.jpg





m-DSCN5809.jpg





m-DSCN5810.jpg





m-DSCN5811.jpg





m-DSCN5815.jpg




m-DSCN5816.jpg





m-DSCN5817.jpg





m-DSCN5818.jpg



半田修正とデジタルトランジスタ5個取り付けたらチェックに移行できます
明日ですね



コンバータ組み立て




m-DSCN5784.jpg





m-DSCN5786.jpg





m-DSCN5788.jpg





m-DSCN5789.jpg





m-DSCN5790.jpg





m-DSCN5796.jpg















やっと、明日半田付け



m-DSCN5780.jpg





m-DSCN5775.jpg





m-DSCN5802.jpg





m-DSCN5805.jpg





m-DSCN5806.jpg















久々の電気工事


従兄弟の所で草刈り中に火花が出て電線切れたとの電話

草刈り道具の歯は何ともなく
火花が出た

推測して、電線の片方を断線させた火花と思い

道具と延長用の電線、絶縁テープ、エフコテープを持参

地面から立ち上がっている屋外のケーブル
CD管はボロボロ
延長が修理したのですが
塩ビ管で補強が出来ればベター
従兄弟の嫁さんに塩ビ管が有るか聞き
少し工場の横を見たら有った

又ジョイントをバラして
塩ビ管を地面から立ち上げる
余って地面の中のジョイント部はエフコテープと絶縁テープで防水加工

まずまずの成果

分電盤の分岐ブレーカが4個しかないので
何処かの端末が壊れたら不自由するでしょうね

自分の所なら、ブレーカだらけになっているはず

でかい家なのに惜しい感じの構成です









本日の作業 2相ドライバの組み立てテスト


モーター用電源は 24Vの電源を利用する
5V用の電源はCNCインターフェース基板からもらう















パラメータコードテスト







Nm-DSCN4714.jpg





Nm-DSCN4715_20110524125714.jpg











本日の作業 コンバータを組み立て


私は、コンバータを結線する時は単線を使います
VVF1.6とか
線も剥きやすくて純銅なので癖が付きやすいが直しやすくて良いです

Nm-DSCN4487.jpg



2個分を並列に接続しています

Nm-DSCN4488.jpg



此の後コンデンサーの間に絶縁板を差し込む予定
入力と出力を出せば完了の予定

Nm-DSCN4489.jpg











CNC基板を調整


X,Y軸を5相ドライバーに設定しました
A,軸を2相ドライバーに設定しました

Nm-DSCN4436_20110502142306.jpg



電源はACアダプターを使用
2相と5相の系列に1個ずつ使用

Nm-DSCN4437.jpg



配線の長さは不定なので長くしておきます

Nm-DSCN4438.jpg


5相のカレントダウンの信号は基板の改造で直接端子台に接続しています

Nm-DSCN4440_20110502143559.jpg



5相モーターは仮のオリエンタルのモーターです

Nm-DSCN4441_20110502143558.jpg



5相の電源端子台の接続です

Nm-DSCN4442_20110502143558.jpg



2相の信号と5Vの端子台の接続です

Nm-DSCN4443_20110502143556.jpg



2相のモーター電源端子台接続です

Nm-DSCN4444.jpg



2相モーター接続です、仮にオリエンタルのモーターを接続しています

Nm-DSCN4445_20110502143555.jpg



5相基板の全景です

Nm-DSCN4447.jpg


2相基板の全景です

Nm-DSCN4448.jpg



カレントダウンの4Pコネクターです

Nm-DSCN4449.jpg



8Pコネクターにて各モータードライバーに接続します
今回は当社ドライバーへの電圧接続にて結線します

Nm-DSCN4450.jpg



カレントダウン信号用のボリュームはX,Y軸の5相ドライバーはドライバー側にてボリューム設定します
CNCインターフェース側は、停止時の電流が最小になるようにボリュームを回しきります

2相は、こちら側で設定します

Nm-DSCN4451.jpg



5相のカレントダウン信号を直接端子台からボリュームへ繋ぎます
パターンカットとジャンパー改造しました

Nm-DSCN4446.jpg










今回の、MACHの設定です
此は参考値です

WS000275_20110502170300.jpg





WS000276_20110502170259.jpg





WS000277_20110502170258.jpg





WS000279_20110502170257.jpg





WS000278_20110502170330.jpg





WS000280_20110502170256.jpg

























本日の仕事 基板組み立て


2相が1枚
5相が2枚
5相は組み立て済みがあります

2相に部品差し
明日、テストします

Nm-DSCN4335_20110430222811.jpg





Nm-DSCN4336_20110430222810.jpg



CNCインターフェース基板からの信号ケーブルも製作します
モーター電源は、配線完了しています




本日の仕事 インバータの配線とテスト




熱収縮チューブにて絶縁処理

Nm-DSCN3927.jpg



熱収縮チューブは、根本の耐屈曲性も向上します

Nm-DSCN3928_20110410175547.jpg



バラックテストなので各所テープで固定して操作しやすくする

Nm-DSCN3929.jpg



此の基板の端子台に+24Vの電圧を加える事により、
CNCよりの主軸指令がインターフェース可能に成る

Nm-DSCN3930_20110410175545.jpg




インバータ化 テスト 

CNCより主軸オンオフ可能
+24Vの電源よりオンオフ電圧を加えればスタート
0Vで停止

ドルスイッチ切り替えて

スイッチでスタートストップ

スイッチのストップは何時でも可能









本日の仕事 インバータの配線



インバータ化の配線とテストの
その前に回路を
今回の特徴は CNCインターフェース基板からの信号で
インバータのオンオフをコントロールします

LL-M様2011年4月9日インバータ化



先ず、ACプラグ付きコードの端末に1P端子を圧着します
其れを、ブレーカーに接続します
其の出力をコンバータにY端子で接続します

Nm-DSCN3883.jpg



インバータのカバーをネジ1本で外します
シールを剥がし配線出来る様に端子を露出させます

Nm-DSCN3884.jpg



Y端子は、圧着後、絶縁チューブで保護します

Nm-DSCN3885.jpg



コンバータからの配線をインバータに
Y端子で配線します
R,S,Tのいずれか2本に接続します
此処では、R,Sに接続します


Nm-DSCN3886.jpg


動力は芋ずる式に繋がり隣同士に部品が並びます

Nm-DSCN3887_20110409230101.jpg



動力線の後信号線を接続します
凄く細い端子なので線も細い物を利用します

Nm-DSCN3888_20110409230148.jpg



信号線が引っ張られない様にインシュロックで固定します

Nm-DSCN3889_20110409230148.jpg



信号線はスイッチ、ボリューム、回転表示用
等に接続します

Nm-DSCN3892_20110409230147.jpg


CNCインターフェース基板からの信号と回転表示用のアッテネータを
ユニバーサル基板で配線します

Nm-DSCN3893_20110409230147.jpg



回転表示器です
もう残り無くなりました
今後は秋月の物に成ります

Nm-DSCN3894_20110409230146.jpg



アッテネータの金属皮膜抵抗とボリューム
CNCインターフェース基板からの信号の絶縁用に
フォトカプラ2個と信号の無極性化のブリッチダイオード

此のユニットを配線してトグルスイッチと
デジタル表示器を接続すれば
明日動作テストして出荷に成ります


Nm-DSCN3895_20110409230145.jpg














15日の作業は




2相ドライバー基板を組み立て・テスト
此のデカバイスは凄く重宝している
アメリカのホビーショップで購入してきた物です
ダイキャスト製品ですが凄くずっしりしていて安定しています
少しカクカクする所もありますが、大変重宝します
ワンタッチレバーでスプリングで基板固定バーが閉まります

Nm-DSCN3496.jpg


角度が変えられるので少し斜めにして下の半田面を攻撃する事が出来ます

Nm-DSCN3497.jpg


片側のリードを仮半田付け
リードカット後、裏返しして本半田付けします
パターンに熱が凄く奪われます
ハイパワーに切り替えられる半田鏝が便利です
少し汚い半田の箇所は半田吸い取り器で吸い取り後再半田します

Nm-DSCN3498.jpg




Nm-DSCN3499.jpg






プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示