止まっていた

10時過ぎに見に来た
もう楽勝に終わっていると思いきや

ちっきしょー

ウイルスチェッカーが起動していて
ウイルスチェッカーは無事終了していて

CNCが止まっている
其れも途中で

スピンドルが回っているので止まっているのが分からなかった

自分の目を疑った

スクロールしてない


E-STOPの赤釦が点滅
もう一度クリックして緑にする
スタートボタンを押す


何事もなかったように動き出す此処で止まっていた

光を当てないと良く見えない、もう -0.9mmの深さです

高感度水準器・・・と思えば最高

オークションで、この様な物を手に入れた
「これなんでしょう。
錆びてますから 精度なんかないです。
文鎮になるかぁ
全国無料配送いたします。 」



錆び錆だから誰も入札しない

救いの手を差し伸べました

高感度 0.02mm/1000mm

文鎮と言っても錆を取ろう

凄い錆です



これが、磨いて、調整と思いきや
微調ネジが効きません
中のスプリングが折れてました

スプリングは無理ですが
短期間なら発泡材を差し込みましょう
ネジで微調可能になりました
全ての面の錆取り後調整

目盛りも掃除したらかすれたのでマジックで墨入れ

腐っていても、精度はバッチリ



安いので良かった
悔いの残らない一品でした
でも凄い高感度なのでビックリ

16時間ぐらい経過

未だテキストの半分迄行っていない
2mm*4粗
1mm*1仕上げ

こんな格好のクランプ

文字とは思えない所から削っている

熱で弛んで、反対にしたプーリー

切り粉があるとコントラストが良く解り文字が見える


此で16時間ぐらい経過なので今晩にも完成するかもね

牛のバージョン

久々に覗いてみたら
バージョンが一つアップしている

古いバージョン

古いの



新しいの
新しいの、何処が変わったのか分からない


同じ処理量ですね
何が変わっているのか分からない

只今切削中

ワークエリアぎりぎりの
90*140
ワークサイズ
110*160

いつものように平らに置いて。
クランプ金具を横から押して
ずれないように
原点が左下なので、JOGにて移動
まず限界ではコラムの下とY軸の鋳物のカバーが干渉します
Z軸も下限まで行きません
こんな限界カツカツで切削不可能なので

ワーク両端 ヨウカンにて枕を其れでクランプ金具を両端から押す

原点出ます
限界移動できます
このフライスの良い点が限界動作を狭めています
其れは、切り粉が 送りネジやアリ溝などに付着しない構造
此は優れ物です



明日の朝も削っているのかも
モーターが熱を持ちます
強制冷却ファンが位置が悪い
ティッシュボックスで持ち上げたが
先程倒れていた
何かしっかりした物が欲しい
小さな扇風機があったな
探してみましょう

私の持っているオートレベル

このニコンのを持っていますが
もう望遠鏡です

腐っても鯛

MM-CIMG3503.jpg

0.02mm/1000mmの水準器

オークションで10000円で買おうと思ったら
10500円で他人の物になる

然し、似たような物もあると思い調査した
トプコンの ローテーティングレーザー RL-20

精度 ±2.5/50m=±0.05/1000mm
精度 ±2.5/50m=±0.05/1000mm


でもね、此は本体の精度でレーザー放出精度
受光器の精度は 高感度でも±1mm

矢張りあの逃がした水準器は偉大ですね

レーザー色々持っていますが
建築用では上記のでも結構良いようですが
矢張り昔からのTOPCON 測量機器 オートレベル

此で水平出しをしよう
機械屋さんは結構現場ではレベルで水平出ししている
真似をするに限る

チマチマと

本日はベルトサンダーの残りと
上面のフライス掛け
バリ取り

で終わり

明日は、3/8のタップ下穴とタップ立ての予定

Tスロットナット製作

長いヨウカンの状態を
20ミリの長さでカットする
コンターでやると掴み所がない
プライヤー等で挟んでも一寸危ない
万力に挟んで、ハンドバンドソーでカットした。

その後、ベルトサンダーで錆取り

途中で飽きた。

CNCフライスのTスロットナット製作

クランプ金具を止められるように
金具を製作
材料は 25*16 のSS材
ラフィングで1ミリずつ切り込み
10ミリ切り込む
側面削り、10ミリ切り込む 残り6ミリ



スロットにスルスル入る
上面を2ミリ程薄くしないと出っ張っている
少し出っ張る がスルスル動く


mm-DSCN8303.jpg



mm-DSCN8304.jpg

Tスロットナットが無い

CNCフライスのクランプ金具が止められない

Tスロットの寸法が凄く変

幅が広くてTの広い部分の厚さが薄い
この様なナットを別のフライスで作ろう

先ず材料から探そう。。。

いつもの事ですね

エアコン取り付け

本日、以前の事務所で使用していた
エアコンを親戚の家に取り付けた

元有った室内機、引っ掛かって外れない
蒸し暑くて汗だく・・・タオル一本使用
取り付ける室内機の配管配線テープ巻き・・・タオル一本使用、シャツ交換
室内機取り付け、配管テープ巻き。。。またまた、タオル一本

高圧側の配管をトルクスパナにてバッチリ締め付け
低圧側を配管を後少し残して締める
高圧側のバルブ全開
低圧から空気漏れる 時間 30秒 バッチリ低圧締め付け
低圧のバルブ全開

電源オン 冷房 全回
温度差 Δ13℃

バッチリ完了

fedex

本日夕刻到着

fedexでは無く
日通で届く

インボイスを見ると
一個単価×十個
の価格が出ている
その価格に同額をマイナスして
0円になっている

此でA/Dを利用すればいい物が出来そう

MM-CIMG3479.jpg

フルトラ タイミング

フロッピーに落としたデータを読むコンピュータが中々無くて
ノートブックのを利用する
虎は何で認識しないのか、壊れているのか??

これは、1次遅延 仮に100uSとしている
1次遅れ


2次遅延パルスの出力
これは20mSとしている
2次パルス生成

何の花

畑の雑草の一部
綺麗な花ですね。
可憐な花とは、この様な花でしょうか

昇降盤

先日探した、樹脂板をカットするために
昇降盤を組み立てる
大分以前に友人から頂いた物です

一寸赤く粉を吹いていました・・別名 赤錆

コンパクトで使いよさそう
板が少しはみ出ているが良しとする


アリ溝のガイドなのでオーバーハングしても外れません
安心設計
ハンドの丸鋸ではガイド等が無いと綺麗に切れない


動力 0.75KW Vプーリー ベルト2本掛け
ベルトは交換した方がよさそう
長さが違っているようだ
プロ仕様は使いやすい


整備に時間が掛かったがカットは直ぐ完了した
感謝。
段取り八分、作業時間 2分(2ふん)

フルトラ タイミング遅延回路のテスト

本日テスト完了

回路はコンデンサは適当な物を付けています
少し間違いもある
コンデンサは適当



マグネットでホールセンサーがオンしたところ
マグネットを近づけるとホールセンサーがオンする



デジタル・ストレージ・オシロ
絶縁4CH
通常3CH
デジタル信号HI 16CH
今回は2CHのみ使用
絶縁入力・・・今回は必要ないけど

ズームしてカーソルで計測

荷物 順調

問題がなければ
明日に届きますね。

もう成田まで来ました

男爵いも

本日は男爵いもを収穫
1列のみ収穫しました

今回はバケツ2個分
結構大粒 来年は男爵のみでと思う
男爵いも その1

男爵いも その2


粒ぞろい
結構な粒ですね


茄子もなり始めた
初物の 茄子1個


昨年は枝豆の成果があったので今年も期待できるか
枝豆成るかな


キュウリは種からです
結構しっかりしている
キュウリの苗が大きくなっていく


ミニトマトの苗は2本頂き物です
ミニトマトの苗もでかくなっている


スイカも実生です、いじけて成ってますね
妻の宝物のスイカ ちっさいです


未だ2列残っている
後男爵とメークイン 1列ずつ残り


サツマイモも期待できるかも
サツマイモの苗もしっかり根が付いています


ソラのくつろぎの場 フォークリフト
監督犬ソラの くつろぎの場 ホークリフト

「ディーゼルだけど勝った」のか、「ディーゼルだから勝った」のか

こんなの凄いと思いませんか

「ディーゼルだけど勝った」のか、「ディーゼルだから勝った」のか、アウディのルマン (浜田基彦の「走る 曲がる 止まる」):NBonline(日経ビジネス オンライン)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20060620/104753/

何処かの国だけ、ディーゼルが悪者になっている
ヨーロッパは凄く進んでいる
日本の特許を使った燃料噴射装置
排気ガスが凄く綺麗ですよ
なぜ日本では使わないのでしょうか
排ガス用の触媒が売れないからなのでしょうか
政治的に規制を掛ける人はガソリン車しか乗らないのかも
プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示