エンコーダのテスト

ステップモーター信号発生器
エンコーダーのA,B相から パルス、回転方向の
信号を デジアナ  100MHz,32Chロジックアナライザー
にて観測
何も改良しない、素の状態です

測定環境

こんなのでもあると便利です



エンコーダーとパルス出力波形



結構チャタリングがあるのでグリッチ出て居る
エンコーダーは接点なのでプルアップ抵抗を少し低い値にしよう


エンコーダのA,Bに0Vから0.1uFセラミックコンデンサで接続


完全にチャタリング無くなる
デジアナ  100MHz,32Chロジックアナライザー
のトレース期間内に回転方向を変化させてみた
綺麗に追従している

綺麗な波形になる


モーター駆動基板用パルス
凄く細い・・・高速対応
モーター駆動基板用のパルス波形



結局 動いた



ステップモーターのアプリ

エンコーダーのA,B相を
パルスモーターのクロック、回転方向に変換
モーターは微動するのが目的なので
エンコーダーは粗い物を利用する予定
モーターは小さい物がよい
ドライバーは私の製作した物

パルス製作信号変換は
エンコーダーを廉価な物にするため
既成の物が利用できない・・・・オリジナルマインドの物


自作のマイコンと基板が製作できるかも知れない

50過ぎの手習い・・・極貧マイコン活用

50過ぎの手習い・・・極貧マイコン活用

別ページとして
新ページにて継続していきます

AVRでCの練習

ioioさんの
*PICマイコン
LessonC:2007.05.24(木)



をAVRにて置き換えてトレーニングします
基本はシミュレーターを駆使します

コンパイラは GCC winAVR
AVRスタジオにて編集、コンパイル、シミュレートします





AVR winAVR シミュレート



上記の タイトル: LesssonC_01
//*****************************************************************************
// タイトル: LesssonC_01
// 作者 : ioio
// 移植 : SEC
// 目的 : while文でmainから飛び出さないようにします。
// 機能 : ポートBのビット0に接続したLEDを点灯させます。
// マイコン: AT90S2313
// クロック: 10MHz
//
// Compiler: GCC WINAVR
// :
//*****************************************************************************
// 変更履歴
// 2007.05.25(金) 作成
//
//*****************************************************************************
#include "io.h" // デバイス関連の定義を展開

void main(void)
{
DDRB = 0xFE; // PortB b0=Out. b1,b2,b3,b4,b5,b6,b7=In

PORTB = 0x01; // PortB b0=1

while(1); // while文を繰り返します
}
//*****************************************************************************
//*****************************************************************************

10MHzのクリスタルで
1世代前のAVRにて 
44サイクル 4.4uSにて実行完了です

I/Oビットモニターにも遷移がステップトレースにて確認できます

余談
ICE-200もAVRスタジオ3.**にて可能です
画面などシミュレーターのまま見られます
AVRスタジオ3.**

此も予定に

40mm角 ブラシレスDCファン 1 個 70円(税込)
10 個以上 1個単価 60円


安い物には目がない

共立電子産業から

先日発注した物が届く

PFM制御ステップアップDC-DCコンバータIC/HT7733税込売価 \63 50個
PFM制御ステップアップDC-DCコンバータIC/HT7750税込売価 \63 50個



85℃品 電解コンデンサ 25V 200個入/25YK100M 税込売価 \1890 3セット

コンデンサは通常在庫がモータードライバーに使用しているので
在庫100個になったので注文

PFM制御ステップアップDC-DCコンバータIC/HT77**は電池1本で
LED点灯やCPUの電源に利用するべく購入しました
3.3Vと5.0V
コイルは秋月の47uHの物が一番安い

後で、ちょっくら作ってみよう

電源用

ステップモータードライバー用在庫

オリエンタルステップモーターセミナーいったぞ~

ステップモーターの基礎とトラブルシューティング
一日掛けて勉強してきました・・・付け焼き刃ですが

殆ど例題は 5相モーターです
売りは αステップモーターの脱調レス トルクオーバーしても
後から付いてきて5秒ぐらい継続してトルクオーバーしているとアラーム出力する

後マイクロステップも少しやった・・・瞬間

結局トルク曲線内の動作領域での使用を体験した

それ以外はメカの原因かステップモードが原因か
その性で脱調していそうだ

休憩時間はデモ機を見物できる

面白い物がある
ステップモーターの冷却ファン
アルミアングルで止まっている小さいファンが
何と定価 7600円税別

わたくしは以前から言っているがモーターの冷却は必要だったのに何でステップモーターはなおざりなのか
メーカーの担当者にぶつけたら
ACモーターは以前からあったが
ステップモーターはカレントダウンして熱を出さない領域で使用する
そこで私がぶつけた 特性を使い切ってないのでは

結果特性を使い切るのに熱が出てきたら下げる為にファンを付けましょうとの事だ

此から本格的に売りたいそうだ
でも今は別会社で・・・系列のオリムベクスタにて
売っているとの事
此処いらもアンテナショップのような気がして成らない


此から熱くなるので放熱に力を入れた方が 勝ち


モーターも脱調が時々ある人
少し立ち上がり立ち下がりの時間を長くしたり
最高動作速度を少し下げたりする
と飛躍的に脱調を防げる事になるのでお勧めします

自作してでも冷やしたもん勝ち

ステッピングモーター体験セミナー+ステッピングモータートラブルシューティング編

5相新ペンタゴンについて色々聞き出してこようと思う

ORIENTAL MOTOR 東京ショールーム

5月22日(火)
09:30-12:00
ステッピングモーター体験セミナー

5月22日(火)
13:30-16:00
ステッピングモータートラブルシューティング編

購入予定

秋月
マイクロインダクタ 47uH 10個 100円 5セット



SMDインダクタ 47μH 0.36A(20個入)


3本足クリスタルオシレータ 11.776MHz(5個入)


積層セラミックチップコンデンサー(0.1μF 25v)


積層セラミックチップコンデンサー(10μF 6.3V)20個入


USB・シリアル変換ケーブル(延長ケーブル付)
1 セット 1,400円

AVR Studio4で winAVR

winAVRを使う機会が増えそうなので
GUI環境を整える為
AVR Studio4で winAVRを使用する為の設定をメモしておきます

上記のリンクからそれぞれをダウンロードしてインストールしておく


今回のバージョンの内容
GCCもプラグインされてますね

此はwinAVRが動くAVR Studio4なのだ


今年からgccも可能になったようだ
バージョンは413528


では起動してみましょう
AVR Studio4 を起動する


新たなプロジェクトを指定すると
gccも可能になるぞ
どんな作業するか選択 新たなプロジェクトを指定する を選択する


AVR Studio4のアセンブラ か winAVRのgcc か聞いてくる
そうすると、AVR Studio4のアセンブラ か winAVRのgcc か聞いてくる


プロジェクトのコンフィゲーションを行う
環境を整える為に


インクルードファイルのデレクトリー設定
インクルードファイルのデレクトリー設定


インクルードファイルのパスを設定
インクルードファイルのパスを設定する


ビルドアイコンをクリックしてコンパイルする
正常な結果
ビルドアイコンをクリックしてコンパイルする 正常な結果



コンパイル後シミュレーター起動する
シミュレーターを起動


何時でもトレースできます 
カーソルの矢印が現れます
何時でもトレースできます カーソルの矢印が現れます


シミュレーター関係のアイコン
シミュレーター関係のアイコン


アセンブラーの時は結構シミュレーターにお世話になりました
ICE200のデバックも出来ます
リアルタイムにデバック可能です
鬼に金棒


AVR Studio4の画面

2相モーターのテスト

本日のテスト
2相モーターのテスト


ORIENTAL MOTOR | ステッピングモーター | ステッピングモーター | 2相ステッピングモーターPKシリーズ


此で動かす
インターフェースは マッハから 自家製バッファー基板
dip-sw





電流は 1A ボリューム REF,Gで 150mV
dipsw2




1/16で回す
可成り力があるが感覚的な物で秤を取り付けてテストしたい
暫く放置したら モーター単体なので放熱が出来なくてモーターケースにて60℃にもなっていた・・・あちょ~~

モーターの設置方法 放熱に注意





工作の昨日今日

シリアル転送の
DeskCNC

以前に入手して旨く動いていないので放置していた

此を動かしました

ファームのアップデートとUSB,RS232Cの接続テスト

最初接続しても旨く認識せず
ノンノさんにヘルプする

ボードのLEDは綺麗に点滅している
ポートの認識がしていない
USBケーブルにて接続してから
ファームのアップデートをしたら
その後すんなりと
USB,RS232Cの接続テストにて異常が無く接続できる


MACHに慣れているので操作などが戸惑う

後は実モーターテストのみ

此は新しいパソコンにシリアルポートもなくなってもパラレルポートが無くなっても
USBで操作できるので有効かも

高価なインターフェースなので使い倒したい


熱くなる基板

シリアル DSUB9-9 ストレート

ノートのお掃除

ノートがしばしばファンが起動する
夜など五月蠅いし、速度が低下する性で遅くなるし
良い事無し

人間環境なので埃が多いのでしょうね

コンプレッサーにて掃除しようとしたら
底のネットにびっしり網を塞ぐように埃が付いている
まるでフィルターのようです

ブリブリとエアーガンで掃除したら
ファンが回る率が低下した

しばし様子を見よう

東京衡機製造所/プラコム「IH調理器(無償点検・修理)」(回収・無償修理等のお知らせ)_国民生活センター

http://www.kokusen.go.jp/recall/data/s-20070511_2.html



チェックはすみましたか(社告検索詳細表示)



リコールナビ - 総合リコール情報




以前、カインズで2台買っている
其処で、新聞発表を見て直ぐ電話したら
夜だったので、フリーダイアルが受付していない

次の日もフリーダイアルにでも、土曜日で繋がらず
カインズに電話、余り情報が販売担当に来ていないようです

該当日付のシールが ボールペンの手書きなので
「信憑性を確認したい」とお願いした

月曜朝カインズから
保証書の判子の年月日が正しいとの事
でもね
保証書の型番は PLM-29700
と外箱にも同じ PLM-29700

販売している所から説明されたのは
良く解らないので メーカーから電話させます
出も断って、販売会社の人に調べさせました
そしたら、PLM-29700
ブルーの印刷されたシールですとのこと
良く見たらスイッチの所がブルーになっている
此のことなんか
保証書と本体と外箱で形式の呼び名が異なるのは宜しくない

今回は、発火事故になっているので
外箱や保証書で当該製品ではないと勘違いする人もいるかも知れない

判断や呼び名を色々な記載するのは宜しくない
良くカラー番号の時は印刷がブルーとか断っている物が多い

でも当方の物は対象外なのは良かった

不良内容が コンデンサーのロット不良とのことですが
何処の工場のどのロットの物なんでしょう


不安は尽きないのかも

基板用エンドミル

「工作好きのページです。
セヴン、ドゥカティとコンピュータのページ。」
http://jun-machinery.ddo.jp/
の、JUNさんにエンドミルを送っていただいた
先程届く。可成り高額の機械用の刃物なので
私のガタガタマシンでは直ぐ折れるのでしょうか

半月円錐90度くらいか

本日の工作

大分前に購入していた物

 第三世代の4GHz簡易スペアナ・アダプタ- (トラジェネ付き)

ロジアナなどの製作でチップ パーツに慣れていて良かったです
ちょー簡単に製作完了

抵抗100Ω見失ってしまいましたが
良く見たら台紙から落ちていました・・・セロテープの糊が馬鹿になっていました

製作時間も何十分単位でした

パーツを箱から出す

部品を刺す

調整中




最初の波形

セット画面

ロジアナ

プローブを加工しました
残るはテスト

1ピンずつテスト

半田付け

ロボットケーブルなので凄く丈夫

25MHzのテスト信号にて1ピンずつテスト中



ライトアングルヘッダーに交換
ストレートにプローブが出て具合が良くなる
ライトアングルヘッダーに交換

コネクターカバーもセット



ロジアナコマンドで信号がゲットしなくて
焦った
よくよく見たら クリスタル 100MHzの半田付けが宜しくなさそう
半田付けし直しで、動くようになった

信号の15番が動作しない
矢張り半田付け
チップ抵抗のプローブから通過した所IC側が半田不良

旨く動いた

ロジアナソフトが良い奴が欲しい
色々操作できる物が欲しい
画面も全部見える奴

本日の光り物

今回のは凄い構造の物
蜂の巣のようにレフレクターが1個1個に付いている
17灯レフレクター付きNeo LED

こんなに精密

電池もセットしやすい 矢印付き



: プログラムAE
: マルチ測光
: 1/75秒
: F3.1
: 0.00EV
: E990
点灯1


: プログラムAE
: マルチ測光
: 1/173秒
: F4.9
: 0.00EV
: E990
点灯5



: プログラムAE
: マルチ測光
: 1/645秒
: F7
: 0.00EV
: E990
点灯17

ヤフーオーク

落札してからの連絡にヤフーが介在するようになる
心配なので、今まで通り メールでも同じ文を送っておく


オークション > 取引ナビの使いかた

色々なUSB基板

mini EZ-ARM7 キット

MINI FX2 キット
MINI EZ-USBキット(AN2131SC)
MINI EZ-USBキット(AN2135SC) 4枚



全ての基板 半田付け完了
MINI EZ-USBキット(AN2131SC)
MINI EZ-USBキット(AN2135SC)
この2種類はテスト完了 ループバックテストで確認した

MINI FX2 キット
此が、USBドライバーを組み込み失敗したら
どんな事しても失敗した間違ったドライバーになってしまう

違うコンピュータにてドライバーがチャンと入るのを確認する
WIN2000,WIN-XP
何とも釈然としない

EZ-USB Control Panel

このツールでは旨く動作確認が出来ない

このツールの画面なんです説明と異なっています



ツールが違うのは
FX2(CY7C68013-56)
あるいは
FX2LP(CY7C68013A-56)


FX2LP(CY7C68013A-56)部品は此が付いているので
写真の画面のツールでよいはず
悩みます
プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示