旋盤が

旋盤加工していたら
自動送りが効か無く成りカラカラと音がします

油が足りないかと思い
#10のオイルをジョッキ2杯入れた
主軸付け根からジュルジュルと溢れてくる

ギアーが噛まない

手で送りシャフトを回しギアー切り替えの部をセットしてかっちりしたところで
起動すると送り始めたが
途中で止まり例の カラカラという音になる

ギアーボックスの下側なのでメンテしにくい
此のマシンは諦めかも
外に待機している物と交代です

切り粉 快削鋼

本日の切り粉出し

快削鋼 Φ65 L150
此を、Φ50に細くする

低速ではザラザラ
高速でツルツル

予想の通りですね

Nm-DSCN4230.jpg



Nm-DSCN4233.jpg



Nm-DSCN4236.jpg



Nm-DSCN4238.jpg



エアーバイス

エアーマシンバイス

WS000281.jpg

エアーの圧力は上記製造元で聞きましたら
7k迄にと言っていました
それ以上だとシリンダーやパイプが壊れるとのことでした

コンプレッサーの圧力 9kでした・・・大汗

ハンドルは凄く小さいです
早送り用です

WS000282_20090428150243.jpg
WS000283.jpg



エアー配管装着
未だスルスルとフラットバーは動きます
Nm-DSCN4216.jpg



Nm-DSCN4217.jpg


エアーバルブ動作
フラットバーはびくとも動かず
バイスが持ち上がります
Nm-DSCN4218.jpg


反対側も同様に持ち上がります
Nm-DSCN4219.jpg


おぉ
シリンダーと配管が見えます
Nm-DSCN4220.jpg


取り立てて油圧バイスの様な長さではないです
マシンバイスと同じくらいです
Nm-DSCN4221.jpg


バルブ動作側
Nm-DSCN4222.jpg


バルブ解放側
Nm-DSCN4223.jpg


少し抵抗があるが動きました
Nm-DSCN4224.jpg





Nm-DSCN4225.jpg


Nm-DSCN4226.jpg


Nm-DSCN4227.jpg


Nm-DSCN4228.jpg


ロードセルのアンプ

先日手に入れた
ロードセルのアンプ


仮に
3mV=10.000gと表示させてみた
1.00位までで0.000の小数点以下の桁数ではばらつきます

色々設定がタッチパネルで簡単です

マニュアルもホームページに無いのでメールで要求したら直ぐメール添付で送られてきました

Nm-DSCN4203.jpg



Nm-DSCN4205.jpg



WS000277_20090427144424.jpg



WS000278.jpg



WS000279_20090427144425.jpg



WS000280_20090427144426.jpg

トレジャーハント私の分

私が頂いた物は エアーバイス 
KYORITU 150幅の物です

Nm-DSCN4209.jpg



Nm-DSCN4210.jpg



Nm-DSCN4206.jpg



Nm-DSCN4207.jpg



Nm-DSCN4208.jpg


Nm-DSCN4213.jpg



Nm-DSCN4215.jpg

トレジャーハント

KEKEさん所蔵のターレット型ベンチレース
高精度な作業が可能です
此で小型のスピンドル作ると幸せになれます

ツールが沢山付属

其れを、Keiokuさんが譲り受けるので
私のトラックで駆けつける

世田谷までの道のり混雑と思いきや
可成りのスムーズ
調子扱いて目黒区まで行ってしまい戻ってくる


MM-DSCN9112.jpg


此のタイプはツールが無いと何も出来ませんが此だけ有れば取り敢えずは工作が可能ですね
MM-DSCN9113.jpg







刃物研削機
見学

ツールポストが取り付けてある
此の自作の色々ガイドが有る物が凄く良いそうです

たっぷり写真を撮りましたので
色々見てください

MM-DSCN9105.jpg



MM-DSCN9104.jpg



MM-DSCN9115.jpg



MM-DSCN9114.jpg



MM-DSCN9106.jpg



MM-DSCN9107.jpg



MM-DSCN9108.jpg


此は浮き上がり防止バイス
確実に浮き上がりません
ヨウカンの下側が動かなくなります

MM-DSCN9121.jpg



MM-DSCN9122.jpg


超音波で溶着防止をする
旋削用のホルダー

残念なことに、Π型の電歪素子が落として割れてしまっています
綺麗に接合してテストして動けばオーライでしょうか

MM-DSCN9125.jpg



MM-DSCN9123.jpg



MM-DSCN9124.jpg



MM-DSCN9126.jpg






Keiokuさんの工房到着
もう暗くなってしまいました

直ぐ例の吊り上げスタンドを組み立てて
1トンのチェーンブロックにて吊り上げ移動する

MM-DSCN9128.jpg



MM-DSCN9130.jpg


此にでかいチャックを取り付けるのは邪道です
・・・・Keiokuさん
MM-DSCN9129.jpg



AVR JTAGICE mkII

AVR JTAGICE mkII のクローンのファームがバージョンアップしました
なかなかアップしませんでしたね


WS000548_20090424222313.jpg



WS000549.jpg


KEE mkII Lite v2のは未だのようですね

電球型蛍光灯

電球型蛍光灯に移行してもう何年も経過

『電力会社を悩ませる低力率の電球型蛍光灯』
・・
・・
 筆者は最近、自宅にある電球型蛍光灯に電力メーターを接続して、力率を測定してみた。その結果は、0.57という何ともお粗末な値であった。1本の電球型蛍光灯の消費電力はわずか13Wほどだが、世の中には数多くの電球型蛍光灯が存在している。それにもかかわらず、なぜ力率には規定が存在していないのだろうか。










なんと言うこと
インバータ内蔵で省エネなんて推進しているし

良いと思った物が少し?
力率改善のコイルでも入れるしかないのか
この様なパーツを開発した方が良いのかも

キュウリとスイカ

昨日キュウリとスイカの苗・・・と言うよりモヤシ
を畑に移植
黒マルチで雑草防止を施す
作業に息が上がります
結構きついです

二人でビニール抑えながら
でも風が強すぎ

何とか無事移植完了
スイカは1カ所なのでもう1カ所に種を蒔く

本日畑に寄り水をまきに行く
少し暑いので・・・モヤシの所だけ
水を欲しがっている様でした

早くモヤシから格上げになって欲しい

フォークリフトの整備

此が無くなると非常に困る物・・・・・フォークリフト

先日ホースが破裂して1本特注で取り替えましたが

純正で少し新しいバージョンの物が取り寄せできました
取り付けが凄く良い物です

夕方来て頂き、簡単だからと言うことで放置していましたが
暫くしたら、」此凄く大変な作業です」・・・とか、弱音を吐いています

何がと思ったらホースを取り外すのが
組み付け状態で外すのにホークの金具のエルボ、L型の金具ですが
ホースが付いたままでは回転しません
其処でカットするのですが
ニッパでカットしたとの事で凄く辛かったと言っています

其処で我が社の工具ライブラリーの
カッター系をかき集め
小カッターと大カッター。此は銅製の電線をカットする物です

スチールワイヤーなんて言っていられません
バリバリカットしてポロッとしたのを見て
「凄いです」と喜んでいました

シリンダーの下のホースなので反対回転で緩んだり締めたりに成る
見ていたら逆に回している時がある

余り突っ込むゆとりが無い・・・関東は生真面目です、こんな時突っ込むと落ち込まれる

暫くしてホース完了

オイル交換するが凄いことになっている
黄色いマシンオイルのような、グリースのような物が出てくる
水も出てきたそうです

添加剤をサービスで入れてくれた・・・・カッター作業の効果でしょうか

ハイドロオイル 純正の #32を 透明です
25リッター入った

今度はいつ頃と聞くと
通常は毎年交換とのこと
ケチケチな私にはそんな交換必要にない感じ

Nm-DSCN4189.jpg



Nm-DSCN4190.jpg




Nm-DSCN4191.jpg



Nm-DSCN4192.jpg



研磨機の実習

昨日は3時より出発してロックヒルさんの所にお邪魔しました

ioioさんが先に到着していました
USBCNCと先日手に入れたモータードライバーを色々悩みながら接続していました

暫くしたらKEKEさん、その後keiokuさんも合流
KEKEさんの研磨機操作や治具を見せて頂きました
方向が見えたような気がします




ioioさん自作の反射型回転計
コンパクトに綺麗に製作されています
MM-DSCN9073.jpg


ロックヒルさん製作のCNCインターフェースのケースの彫刻
ラッカー塗料を樹脂のスクイジーにてワイプして乾かしている所
MM-DSCN9074.jpg


文字は0.5Rのボールエンドミルにて切削液で加工している
綺麗に光っています
MM-DSCN9076.jpg


コンパクトですね
MM-DSCN9077.jpg





円筒研削機
結構砥石がぶれています
MM-DSCN9078.jpg


Φ20位のサイズまでの物ですが
でかい
MM-DSCN9079.jpg


ダイヤモンドの砥石の成型治具
MM-DSCN9096.jpg


結構火花を出していますね
MM-DSCN9093.jpg



MM-DSCN9095.jpg





KEKEさんの刃物研削治具
私の持っているバイト研削治具と同じ
刃物固定部+スイベル部
そしてベンチレースの機構部を切断して使用しています
刃物台も利用しています
MM-DSCN9099.jpg


此処のパーツが命ですね
此を先日工業マニアさんに作って頂いたコレットと主軸をギャーと組み合わせて
回転角度を設定します
MM-DSCN9100.jpg



MM-DSCN9101.jpg



MM-DSCN9102.jpg



本日も筋トレ

本日は大豆を3種類
黒いやつを2種類と緑の物を1種類
枝豆で食べる予定です

カラスやキジ等が畑に来るので
ネットを掛けました

少し幅が広い畝を作ったら腰が痛くなりました

キュウリの苗を作っていますが
芽が出てきました

スイカは未だ芽が出ません

エンドウ豆は、花が大分咲いてきました



Nm-DSCN4183.jpg

本日の植え付け

ヤーコンの種芋植え付けと里芋の種芋植え付け

午前中に北側の三角部分の2畝にヤーコンの種芋植え付ける
大変暑い日差し、熱中症になりそうなので午前の部は終了
MM-DSCN9060.jpg

ヤーコンの芽が出ている所をカットして植え付けます
MM-DSCN9061.jpg

2畝 株間70センチ位
MM-DSCN9062.jpg



午後の部は南側一番上の2畝をヤーコンの種芋植え付ける
1/2畝に里芋の種芋を地主さんから頂いたので植え付ける

此で秋には美味しいヤーコンや美味しい里芋が食べられそうです

風雨に耐えてグングン大きくなって下さい

此から草との戦いが始まりです

ヤーコンと長ネギ

冬土に植えていた物を全て掘り起こし
もう芽が出ていました

桜が咲いている頃と言うのは正確ですね
急いで畝を作り 畝幅 1メートル株間70センチで二畝に植え付ける

でも種の元は沢山余る

誰か要る人送りますよ

後1畝植え付けようと思う

本日事務所では凄く暑いが
畑では風が強くて寒かったです

乾燥注意報発令されていたし

ネギ苗も昨日何時もの方に頂いて
本日定植しました

後はオクラとサツマイモとキュウリでしょうか



本日の収穫は ノラボウ兄の所にもお裾分け
野沢菜と小松菜と京菜の塔立ちした物

全て美味しいし微妙に苦さがあったりして凄く良い

LCメータ 実験

発振周波数計測

1000PFが2個並列+100uH
Nm-DSCN4035.jpg


Nm-DSCN4034.jpg

1000PFが単体+100uH
Nm-DSCN4036.jpg


Nm-DSCN4037.jpg

1000PFと100uH
Nm-DSCN4038.jpg

コンパレータの出力で観測
Nm-DSCN4039.jpg


餃子三昧の二日間

一日目
三皿+ヤーコンの味噌汁
香ばしすぎと思いきや焦げ臭くない、美味しいです
MM-DSCN9049.jpg

反動で香ばしくないですね、パリパリなのですが
少し白いですね
MM-DSCN9050.jpg

此の焼き色が最高の出来
MM-DSCN9051.jpg


二日目
1皿+ノラボウのおひたし+ヤーコンの味噌汁+ご飯

良い焼き色です
MM-DSCN9053.jpg

可成り美味しかったので、数日後、又食べたくなっています

今日も筋トレ

本日は草刈りした所に黒マルチをします
幅1メートルの黒マルチのシートを耕耘機で均した後
アメリカンレーキの反対側で地均しをします

其処にシートを二人で引っ張り土を端に掛けていきます

草が生えず地熱がアップします


熱いです
Tシャツ一枚で作業しています
稲藁が置いてありますが、先日草ぼうぼうの所の稲藁の下は
草が生えていませんでした
それに影響され黒マルチをしたようなわけです
MM-DSCN9055.jpg


ノラボウが凄い元気
毎食卓に活躍しています
MM-DSCN9057.jpg


此処に何を植えるか悩みます
MM-DSCN9056.jpg


ヤーコンの元が植えてありますが
掘り起こして定植しないともう桜が散ってしまいますね
MM-DSCN9058.jpg


自分の足になっています
軽 今度は新車で買いたいですね
MM-DSCN9059.jpg


桜はもう花吹雪状態です
MM-DSCN9054.jpg



LCメータ 実験

3個とも同じような特性・・・変動

100uHを68uHに変更してみました
凄く表示がばらついて使い物になりません


ゼロリセット後同じような変動です
Nm-DSCN3930.jpg


室温は可成り良い温度
Nm-DSCN3931.jpg



白のスイッチは 補正リレーが動作して1000PFが2個並列になる状態です
35370Hz
Nm-DSCN3933.jpg


緑のスイッチは、1000PF単体の状態です
50355Hz503550Hz
Nm-DSCN3934.jpg



34788Hz347880Hz
Nm-DSCN3935.jpg


48676Hz486760Hz
Nm-DSCN3936.jpg



34740Hz347400Hz
Nm-DSCN3937.jpg


48586Hz485860Hz
Nm-DSCN3938.jpg



68uHに変更したら凄く変動します
24483Hz244830Hz
Nm-DSCN3939.jpg


ばらつきが凄いです
20814Hz208140Hz
Nm-DSCN3940.jpg



120uH位に変更してみよう




2009/04/11
> 2000pFと68uHだと共振周波数は約440KHzになるはすですが、えらくずれているのが気になります。
edyさんのご指摘で訂正しました

LCD表示値の10倍が発信周波数です

LCメーターテスト追加

新たに一行の表示器にて2枚テスト
電源のみ1個を並列に接続しました
Nm-DSCN3915.jpg


特に2行表示していないので此の表示器で見やすい端子配列は逆方向なので
配線にて接続しました
Nm-DSCN3916.jpg


表示器以外は基板内部のパーツはコイル以外同じ物を使用しました
Nm-DSCN3918.jpg


此の1枚は以前からテストしている物
Nm-DSCN3917.jpg


プログラム書き込みのボードを製作しました
Nm-DSCN3913.jpg


PICkit2を使用しています
簡単書き込みですが、暫く使用していないとファームが可成りアップしていました
Nm-DSCN3914.jpg


書き込み器の回路図
WS000259.jpg


書き込み器の配線図
WS000258.jpg

エンドウ豆の花

鉢植えで越冬しました
一つの鉢だけ花が咲いています
Nm-DSCN3924.jpg


綺麗な蝶のようです
Nm-DSCN3928.jpg


地面の所の鉢は全く花が咲いていませんが一番大きく成長しています
Nm-DSCN3922.jpg
プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示