パソコン構成の効果・昨日今日

当日の世界ランクも2桁です
可成り安定していますが、未だ寒いので今のうちに稼ぎます
昨日は水溜まりは氷が厚く張っていました
ストーブ焚く位でした


WS000864.jpg


未だ、フルに24時間ではないので正確な数値ではないですが
明日が楽しみ

WS000865_20100331093124.jpg

パソコン構成

GA-MA790FX-UD5P (rev. 1.0)
2台
CPU 

WS000860.jpg

グラボは 4830×2と4770×2



GA-MA69G-S3H (rev. 1.0)

2台

CPU
WS000861.jpg

グラボ 4850と4830



GA-MA78GM-S2H (rev.1.0)

WS000862.jpg

1台

CPU

グラボ 4850




RS482-M (V1.0A)




WS000863.jpg

CPU

グラボ 4830

FAXサーバーを更新

唯一、DUAL虎@1400×2
結構夏しんどかったです
もう可成り年月が経過している
前回の RC5-64 の主な戦力でした

でも最近のグラボに負けていて牛の放牧停止していました

可哀想なので、システムを見直ししました
先ず、HDDをクローンにしようと思いましたが
何か250GBが認識しない
WIN2000の唯一のマシン
WIN-XPにバージョンアップ
途中色々ドライバーが異なるのを調整する
旨く動き、HDDをクローンを製作

その後、DUAL虎の環境からGA-MA69G-S3Hに変更
WS000859.jpg




Athlon 64 X2 5200+ Box (Socket AM2)




メインに 4830を2枚差し・・・可成りの発熱
此のマシンに 4850
明日はどの様になるか

WS000858.jpg

テストマシンの不具合

CNCのテスト用のマシン
前回の構成変更より不安定まっしぐら

何時フリーズするか判らない程
グラボも取り除いても同じ現象になってしまう

やむなく、少し、発熱で色が黒っぽくなったマザーにCPUセット純正クーラーセット
メモリーを2枚移動

色々ドライバーを入れ込んだら凄く安定
グラボも4850・・・牛も居ます

何か超ーーーーっ。安定
暫し様子を見よう。



然し外したマザーとCPUとクーラー
見たら、グリースがカチカチ
手に付かない、厚塗りの灰色のパテの様です

白のグリースで薄めて混ぜ込む
未だ未だ堅い
白いのをもっと足す
少し柔らかくなる

メモリーもお仕事マシンから2枚移動

此で復活する確立高くなった
グラボを4850をお仕事マシンから移動する予定

お仕事マシンは4830を2枚差しの予定
此で殆どのグラボがクリアします

残るは
3850
格好は良いのに性能がいまいちのもっと手前の物が
何かにセットできないか悩むだけ

MODIO のテスト・・・4

出力 LED点灯成功


入力端子 #0,1,2 を オン
出力端子 #0,1,2 を オン

WS000837.jpg

CFG# を 1にする・・・此が味噌

WS000836.jpg



まとめ

入力端子から入った信号を
内部処理して
出力に伝えるだけで
凄くレスポンスが必要

リフレッシュタイムが入出力で各に50mSに設定している
此を各に25mSの最短に設定する
それでも高速にオンオフすると
入出力のLEDが交互にフリッカするように見える
此が限界ですね
通信で 38400BPS は早いのか遅いのか

先日作った PIC-PLCの方が高速反応しますね
土俵が違いますが

色々な説明のビデオを見ていたら
MODBUS自体が外部のPLCと接続する事を想定しているようです
高速反応はどだい無理のようです

2枚接続出来るのかも未だ連絡無いし
1枚不良と何回も書き込んでも無視されるし
何か余り良い印象無いです

唯一、入出力がフォトカプラ接続で電流接続になり
ノイズに少し強くなっている事



ポッキーの方が同じ事をやるには廉くて良いかも
アナログもあるし


WS000839.jpg


WS000838.jpg

WS000754_20100325134928.jpg


Features:

* Compatible with USB 1.1/2.0 HID standard.
* Standard USB keyboard simulation.
* Standard USB joystick simulation.
* 55 digital inputs (can be used as virtual keyboard keys).
* 55 digital inputs and outputs.
* All digital inputs can be used in trigger mode: one function on button press, other on release
* 5 analog inputs 10-bit with digital filtering (can be used as virtual joystick axes).
* up to 25 incremental encoders can be connected
* up to 2 pcs. 8x8 matrix keyboard can be connected
* up to 2 pcs. of 8x8 LED matrixes are supported
* up to 6 PWM outpus
* tick counter
* up to 4x20 characters LCD can be connected
* Software controlled 10-bit analog output.
* Up to 255 units can be connected to one computer.
* Intuitive and user-friendly software.
* Plug-in for Artsofts Mach 3 CNC software available.

Requirements:

* One available USB 1.1 or USB 2.0 port.
* USB HID device driver enabled operating system (Windows 98 SE/ME/2000/XP/Vista/7, Linux, Mac OS).
* Included software requires Windows 2000/XP/Vista with .NET framework 3.0 installed.

但しポートに直に繋がっているのは 内部のLSIなので
何らかのバッファが必要になるかと思う

PoKeys55 MOTHERBOARD

WS000753_20100325105631.jpg





外部のPLCとして使うには
MODIOは選択肢から外します






MACHのページの商品は結構良い物ですね
アナログもLCD表示器も可能
何枚も接続出来そう・・・2枚は確認出来る

WS000840.jpg



MODIO のテスト・・・3

出力テストは『MODBUS SERIAL CONTROL MONITOR』にて行い入出力が同じアドレスにて
何もない状態で入力して 1に成っている状態を 出力しました
全部1で全部のLED点灯 リレードライブ部も点灯

資料の欠如
リレードライブ部の回路とコネクターのピンの割り当て

出力の使用する時のブレインにてのサンプルプログラム
何をどの様に記述したらいいのか色々試していますが

A/Dポートのテスト方法
端子台が付いていますが利用の仕方が判りません

MODIO のテスト・・・2

本日も色々弄りましたが判りません

ショップの連絡で問い合わせしていますが
なかなかスムーズに不明な点の回答が出てきません

一番の収穫は、USB-232Cのドライバーがメールで送られてきました
私のパソコンには古いバージョンのドライバーがインストールしてありました
アトメルのICEと同じICのようです
勝手に認識していました

明日は連絡くれるでしょうか



一番の不幸
1枚の入力 IN11が矢張り不動作

何だかなーーーっ。。

MODIOのテスト・・・1

待ちに待った、MODIOが入荷しました
以外と遅かった、EMSなので荷物番号があるのに連絡してくれないので不親切と思う
『ショップの連絡に2010/03/22に連絡がありましたが到着日です
タイムリーではないですね』


まあ、取り敢えず到着したのでよしとします

荷物にはUSBのA,Aと思う平たいプラグが両方についている
こんなコネクター特殊ですね
あと、RSの9ピンのコードが添付しています

資料がダウンロード出来ましたが
デジタル入力のことしか書いてない
A/D、リレーコネクターや複数のボードの接続については記述なし
テストが出来ない

Nm-DSCN9517.jpg

入力テストの準備
電源が4ピン置きに配置してあるので入力テスト時ショートしないように
マジックで印をしました

Nm-DSCN9518.jpg


#1ピンのテスト風景

Nm-DSCN9519.jpg



I/Oのテストをしたら
何か動作しにくいポートがある
基板の作りが悪いようです
LEDはしっかり点灯していてもポートの確認では
不安定なピンがある
2枚それぞれの個性なので
部品不良かも

MODIOの設定でポートやボーレイトアクセスタイムなど色々設定して
ポートテストで入力ポートのテストが出来る
此処では全てクリア
次にI/Oコンフィグにて入力ピンの設定をする
次にBrainにて入力ポートの記述をする

Brainで実行

実際に入力ピンに信号を順番に入れてモニターした
下記の動画がそれです



今後のテスト
一番気になるのが、出力のスピードがモータードライブが接続してもとろくないか
入力ピンの4ピンが高速タイプなので可成り高速に動作するのをテストしてみたい
何れも高速動作です

ジャガイモの植え付け

今年のジャガイモは
男爵
キタアカリ

殆ど芋を半分で使用
去年は1/4にした
今年は可成り大きい物を除いて
1/2にして使用

昨晩、妻が草木灰を実家から譲り受けて
夜家に帰ってからジャガイモを切断して切り口に付けていた

本日は耕耘機で先日うねった所を再度うねる
溝に鶏糞を撒いて、土を被せて、ジャガイモを置く

30センチ程の間隔、芋と芋の間に、化成肥料とジャガイモの肥料をミックスして一握り置く

土寄せして完了




殆どの所を耕耘機でかき回す
南側の所は未だ手つかず



樹脂の箱に堆肥を作っていた物を今回見てみたら
殆ど土に成っていた
ミミズも生息
上の方を又新規に下の方に引いて
堆肥製作

今度、植え付ける、里芋の所に鶏糞と堆肥を撒いて耕耘機で掻き回す




先日でかくなった桑の木をノコギリで切り倒し
倒木を裁断して畑の端の窪みに捨てる

自然に回帰するが可成りの時間が掛かる

今日は可成りの成果が出ました
凄く良い汗をかいた

本日は可成りの成果

編芯ホルダーと円錐半月で最終形??

編芯ホルダーと円錐半月
刃物の固定はサイドストッパー式
4カ所の偏芯押しネジにて偏芯させている


Nm-DSCN0712.jpg




最終形のパターン形状
切削は同じ所を何回か切削する所があるが
バリも出ないで綺麗に1本になる

Nm-DSCN0746.jpg


パターン幅が小さい所はドリルに対して結構 クリアランスが出たので
もっと幅を太くできます


Nm-DSCN0744_20100320135916.jpg



Nm-DSCN0740.jpg


切削幅 0.3mm 程です
可成り食い込んでいるので後、0.01程、浅くしても良いかも


WS000749_20100320143420.jpg


スケールは
東海産業 No1983用No.12スケール
iconを使用
icon
icon





最初に切削したパターン形状

Nm-DSCN0720_20100320140259.jpg



次に製作したパターン形状
矩形になっているが未だパターンやランドとのリアランスが必要で
ピラピラなバリが出てしまう


Nm-DSCN0727.jpg


パターン幅に余裕が出ない
最終形は凄く良い・・
下記の切削はパターンと逃げがありピラピラが出てしまいます


Nm-DSCN0733.jpg

PCB切削データ検証

LCRフィクスチャ

海外には廉いのがある
自作するより良い場合が多い
結局素材など揃えても到底かなわなかった


この度入手した物
1 Set SMD Test Clip Probe for LCR Meter with 4 BNC Wire

WS000819.jpg

材料
BNCコネクター4個と絶縁なピンセットと電極

断念理由
意外と細かい工作が必要
ピンセットの電極が程良い力で一致する必要がある
其れも凄く小さいチップパーツに

使用感
ピンセット型なのかもしれませんが
メーカー品との相違は接触部がツルツルでニッケルメッキなので接触抵抗が大きい
ゼロ調でエラーになる時があった
接触部が少し薄いので応力に負ける

メーカー品が何万円もするのが判る




LCR METER- 4 TERMINAL/PORT TEST FIXTRUE,LEAD COMPONENTS

WS000818_20100318115852.jpg

材料
加工したBNCコネクター4個
BNCのレバー樹脂加工品
アルミケース
燐青銅の板・・・電極のスプリングに成る、要金メッキ
樹脂の口がね・・・フライス加工・・・細かい加工が必要

断念理由
凄く作業や技術や処理が困難なのに
市販の物で激安が存在する

使用感
アキシャル用アダプターで接触不良が出てしまう
プレス形状がメーカー品と凄く異なりシンプル
平面で接触するので接触抵抗増大しそう

メーカー品との相違は接触部が金メッキも薄そうな色なので接触抵抗が大きい
ゼロ調でエラーになる時があった
接触部が少し薄いので応力に負ける

ラジアルの接触部が未使用時覗くと板が少ない

メーカー品が何万円もするのが判る


でも何万円もする物を何種類も購入すると
LCRメーターより高価になる
輸入品で我慢我慢




此から届く物

KELVIN CLIP / CLIPPER -- FOR LCR / RCL METER / TESTER

WS000820.jpg

此は自作してありますが
誘惑に負けました

PCB 最終形

やっと、細かい作業が終わり
後日切削するのみ

前回との相違点は
どんなに細かくても、切削は1本で行い細かい、ピラピラが出ないようにする
結果、パターン幅が以前より多くとれる




ほぼランド感の中間に線を引いています
0Vは引かなくても残った所が0Vになる
WS000807.jpg

レイヤー#2を切削データとしました
ULPも初期データを変更した物にしました
WS000809.jpg

レイヤー#2を切削データとしたので
Supply Layerにチェックしないとランドの逃げが切削データとして出力される
チェックする
WS000810.jpg

ドリルデータも初期値を変更している
WS000811.jpg

可成り、シンプルでバリが出なければ直ぐ使用可能ですね
WS000808.jpg


PCB切削後

パターンとランドの形状を変更バリ取りとヤスリがけ

偏芯ホルダー

刃物の芯調整

基板の切り粉



WS000746_20100310160241.jpg



WS000741_20100310160242.jpg



WS000742_20100310160242.jpg



WS000743_20100310160242.jpg



WS000744_20100310160242.jpg



WS000745_20100310160241.jpg



Nm-DSCN0706_20100310160547.jpg



Nm-DSCN0707.jpg



Nm-DSCN0709_20100310160546.jpg



Nm-DSCN0710_20100310160545.jpg



パラレルポートの入力13点+出力4点 バッファ

片面の切削基板で製作する為の
回路図・基板データ・シミュレーション

WS000798.jpg


WS000797.jpg


WS000796.jpg

ジョグダイアルでモーター4軸コントロール・・・最終の手前

取り敢えず
PLCをPIC(CPUはアトメルでも選択肢は色々有るが)で
リレーシーケンスをラダー回路図で表記して
中間言語に落とす
その後アセンブルしてHEXデータにする
後は、ROM焼きすれば完成
シミュレーションで殆どデバッグ完了しているので
直ぐ結果がわかる

リレー回路の特徴は
人間感覚では、各入力や出力がほぼ同時に処理出来る
リアルタイムな処理をしている感覚です
今回の場合、チャタリング処理をプログラムで行わないので
サイクルタイム(ラダープログラムの最初から最後までを入出力処理)が
大変短い(市販のPLCとは雲泥の差ですが)
チャタリングはCRの時定数で外部回路とした(市販のPLCは入力ピンごとにソフトで時定数可変が多い)

今回利用の連枝はフリー版なので上記の制約があると思う
ライセンス版はパルスモーターの命令がある

市販の激安PLCも結構 多種な便利命令があります
パルス発生、パルスモーターの命令、高速カウンタ、エンコーダ命令
メモリーやAC電源も搭載しています
入力はアイソレートな24V電源である程度の距離を伸ばしてもノイズに耐えます
今回の此のPLCボードも同様に入力はアイソレートな
24V電源である程度の距離を伸ばしてもノイズに耐える様に回路を構成しました
エンコーダーは高速動作可能なように直接エンコーダと接続しています

一寸した回路を構成するにはストレス無く組み立てられる物になりました

下記の資料はご自由に利用してください
最終バージョンの物ですリミットSWの論理が常時クローズのソフトです
再現は100パーセント保証します





PIC-PLC連理のチャタリング防止の設定は
全てのポートに行うので今回の物には使用不可能
リレーの切り替えのみチャタリング防止が欲しい
入力のフォトカプラからのコレクターの所、プルアップ抵抗の結合点から
0Vにコンデンサにて時定数を構成する

WS000736.jpg


10uF6.3Vセラコン
丁度、フォトカプラの足ピン幅に
ラッキー

バッチリ、チャタリング皆無
Nm-DSCN0694_20100301141745.jpg









拡張子をTXTからMBSに変更してから 『連枝で開いて下さい』此は中間ファイルです



ENC3B.txt

ラダー回路図
Print1_ Printing_ページ_1


Print1_ Printing_ページ_2


Print1_ Printing_ページ_3



総合回路図
カメラ4軸パルス駆動
プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示