FC2ブログ

LOGIC解体

小さい頃から、新しい物が手に入ると、どうしても中が見たくなります
ラジオが手に入ったときはバラしてコイルを触ったら断線して聞こえなくなったのには参りましたが
でもバラシ癖は治りません


とても小さなビスです
トルクスレンチかと思いましたがインチのレンチでした
Nm-DSCN1219.jpg




Nm-DSCN1220.jpg


基板の裏蓋はゴムのようです
基板裏にはパーツが搭載されていません

Nm-DSCN1221.jpg


ケースはアルミの削り出しのようです
凄く高精度で嵌っていました、基板が中々とれませんでした

Nm-DSCN1222.jpg


CPUと電源ICと何かのICが主体です
凄くシンプルです
殆どパソコンのパワーで取得しているようです
USBの通信速度によっては計測出来ないとメッセージが出ます

Nm-DSCN1223.jpg




Nm-DSCN1224.jpg




Nm-DSCN1225.jpg


サイプレスのUSBの通信用のICですね


Nm-DSCN1226.jpg




Nm-DSCN1227.jpg




Nm-DSCN1228.jpg




Nm-DSCN1229.jpg




Nm-DSCN1230.jpg




Nm-DSCN1231.jpg




Nm-DSCN1232.jpg




DESKCNC ->> LOGIC

パラレル接続の DESKCNCの波形を取得
Nm-DSCN1218.jpg

以前からカクカクしているようなレポートがあります

果たして

単独移動指令後、全軸同時に 0へ移動する
移動するまで凄く間が空きます
最初 パラレルコードの間にUSB-RS232Cの変換コードを繋いでいました
其の性かもしれないのでも直接、RS232Cのポートへ接続しましたが
其の動作は同じでした
停止時間が大きいとカクカクするようになります

WS000223_20100819165432.jpg



全軸、0復帰はバッチリです

WS000224_20100819165431.jpg


でもね、全軸 0復帰の加速終了時に
全然パルスが出なくなる時期があります
此ではカクカクではなくガクガクしますね
この様な挙動は何回やっても同じでした
通信先読みしていないようです

WS000228_20100819165430.jpg


全軸減速開始時も突然パルスが少なくなる
此はパラメーターで直せるようですが
多点の修正が必要なようです、折れ線のようになってしまいます
直線的で良いのですが
コンピュータなのでこんなパラメーターはいらないです


WS000229_20100819165429.jpg




MACH ->> SS ->> LOGIC G61

MACH ->> SS ->> LOGIC
G61を先頭に記述


Nm-DSCN1217.jpg


全体を高分解能で観測

WS000216.jpg


最後の 0に全軸移動で
A軸完了後に全軸スタートが同時です

WS000217.jpg


当然、全軸到着も同時です

WS000218_20100819164310.jpg




プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示