プリンターポートのロジアナ

ソフトなロジアナ
http://www.codeproject.com/KB/system/17ChannelLogicAnalyzer.aspx

テストしてみました
私の環境では
24uSのHのHL50%なパルスで良好でした
パルス幅のデータの一番上は
1.5uS
3.0uS
6.0uS
12.0uS
24.0uS
48.0uS
96.0uS

と言うデータを使用しています



Nm-DSCN1595.jpg





Nm-DSCN1596.jpg



本日の作業

矢張り 期待と掛け離れていました





Nm-DSCN1566.jpg




Nm-DSCN1560.jpg




Nm-DSCN1561.jpg




Nm-DSCN1562.jpg




Nm-DSCN1564.jpg




横河 DL708の高速ロジアナ プロープ製作

懸案のロジアナ続き
横河 DL708のロジアナ部の 高速ロジアナ プロープ製作

凄く低速な絶縁タイプを所有しているのでバラして解析しました

WS001016_20100924175738.jpg


ケーブルは
SCSIのケーブルを使用しました
信号とアースはツイストペアーです

実際運用するときは
基板にバッファICと入力保護回路を設ける必要があります


Nm-DSCN1553_20100924175633.jpg




Nm-DSCN1554_20100924175632.jpg




Nm-DSCN1555.jpg


1.5uSも綺麗に等間隔でゲットしています
2カ所のズーム設定
ハードデスクに自動記録??
アジレントの物より強力記録長に限っては ・・・当たり前ですね、時代が違いすぎ
アジレントのは凄く高速でしたが今の私の応用では必要ないし

Nm-DSCN1556_20100924175631.jpg




Nm-DSCN1557.jpg




Nm-DSCN1559.jpg




Nm-DSCN1558.jpg


明日は CNCインターフェースの信号の確認をしてみよう
記録長がどの程度かも知りたいし

今日から涼しい

突然夜中に雨が降り始め

昼間は凄く涼しい
と、言うか、寒いです

長袖では足りなくて、防寒着 着用

Nm-DSCN1549.jpg





何故か起動せず

お仕事のメインマシンがスイッチを押しても
何も画面に出ません、真っ暗、無反応

其処で、グラボ交換
それでも無反応

先日、不良交換で戻ってきた電源
新品に交換、バッチリ
何事もなかった様に起動しました

と言うことは電源起動せずなのかも
此のボード、結構でかいので
次には、グラフィク内蔵の小さい基板に交換したい

無駄に電源消費している物があるのかも

余り追求せず

大汗かきました
冷や汗も出た

ケースレーを手に入れたので

以前から気になっていた ケースレー の デジタルマルチメーターを ゲット
従来の物と並列にテストしました

1個だけ繋ぐと、どちらがずれているか判らなくなります

LL-DSCN1432.jpg



其処で色々な機種を繋いで確認する

標準電圧発生器は、横河の CA100

横河のプローブで接続する

アドバンテスト TR6646
フルーク 45
アジレント 34401A
ケスレー 196

LL-DSCN1440.jpg


電源入れてまもなくの状態

10.0000mV

LL-DSCN1438.jpg



電源入れてまもなくの状態

10.0000V

LL-DSCN1439.jpg





電源入れて暫く放置後の状態

10.0000V

LL-DSCN1441.jpg



電源入れて暫く放置後の状態

10.0000mV

LL-DSCN1442.jpg



其の結果は
アドバンテストは テスター
フルークは 少し良いグレード

アジレントとケスレーは 流石という結果です
でも電圧発生器とデジタルマルチメーター どちらも絶対値は不明
ケスレーはもう年代物です が、流石、良い特性です

でも良いグレードの物は経年変化も考慮し居て
安心して使用出来る





その後、1時間以上経過後


アドバンテストもフルークも起動ドリフトが多い感じ
でも安定してきたような
2時間も電源入れて放置すればいい感じに成るかも

LL-DSCN1443.jpg



LL-DSCN1444.jpg




Logic Software 1.1.2

LOGICのホームページを見に行ったら
バージョンがアップしていました




ズームや移動が俊敏になっています
デザインも変化しています

周期テスト用信号発生器2


AVRマイコン  ATTINY2313-20PU              100円
セラミック発振子(セラロック)コンデンサ内蔵タイプ 20MHz   40円
DIPスイッチ 8P                             60円
コンデンサ類                                20円かも

250円以内で可変周期8出力のバイナリーカウンター テスト完了


割り込みで処理しているのでほぼ正確ですね

WS001007.jpg


綺麗に 1/2分周しています

WS001008.jpg


書き込みするとき
電源供給が必要なのを忘れていて、認識しなくて焦りました

Nm-DSCN1404.jpg


ブレッドボードに差し込むのに
適度な太さのオス・オスのストレートヘッダーがあればいいのですがコネクター用では少し太すぎ
ブレッドボードのに接触が悪くなりそうで使っていません

Nm-DSCN1405.jpg


もっとチャンネルの多い
位相が少しずれている波形発生も作りたい
バイナリーカウンターに可変周波数のVFOか何かで
もっと高い周波数も作りたい

激安で

まあ此を取り敢えず基板化してツールにまとめましょう

ユーチューブが見えない

サイバーテロが発動されたのでしょうか

ユーチューブが真っ白でリンクされていない
過去のも同様に真っ白です

WS001036.jpg

周期テスト用信号発生器

トラ技 2008/08 ロジアナテスト用信号発生

周期テスト用信号発生器




WS001035.jpg

フィルムコンデンサの特性

2009/04/14 に測定していた物を
2010/09/12 10:52 に再測定してみた

測定条件は 温度条件が大分異なります

2009/04/14 に測定していた時は23.5℃
2010/09/12 10:52 に再測定した時は30.0℃ 何れも、横河の温度調節計の指示で
早1年以上経過しています

でも凄いのは、日通工と日立のフィルムコンデンサーの特性です
約温度差5度で 測定値の差が 

日通工のサンプル #2 が
前回 23.5度時 0.9880uF D0.0038
今回 30.0度時 0.9896uF D0.0040
 差  6.5℃  0.0016uF D0.0002


LL-DSCN4119.jpg
LL-DSCN4121.jpg


LL-DSCN1360.jpg
LL-DSCN1383.jpg






日立のサンプル #2 が
前回 25.4度時 0.09960uF D0.0037
今回 30.0度時 0.09952uF D0.0034
 差  4.6℃  0.00008uF D0.0003


LL-DSCN3966.jpg
LL-DSCN3963.jpg
 


LL-DSCN1360.jpg
LL-DSCN1385.jpg



可成り良い素性のコンデンサと思います
是非何かに利用したいですね
フィルターとか信号生成とか
時定数回路に良さそうです

チップトランジスタの半田付け

すべ他の部品面の半田付け終了後
基板が動かない様にして
半田付けしていきます


Nm-DSCN0545_20100130145440.jpg


先ず、1カ所、予備半田しておきます

Nm-DSCN0546.jpg


位置を決めます
浮きが無いようにします

Nm-DSCN0547_20100130145440.jpg


残りの半田を付けます
最後に綺麗に整えます

Nm-DSCN0548.jpg



X,Y直動装置 試運転

X,Y軸共 100mm移動
スピードは F5000です







AVR日本語情報サイト

日本語翻訳マニュアルの提供再開

感謝して活用させて頂きます

デジタルトランジスタの小型

CNCインターフェース用のデジタルトランジスタ
5個使いですが、在庫が厳しくなりそうなので
同じ構造の、小型の物で行けるか見てみた


私のはL100です
もう新しいのが有るね

ニコン COOLPIX L110 ブラック オールインワンセット
icon


此のシリーズの良い所は接写が良いです
電池も単3×4です
何処でも手に入る


此は接写です
ライトは100均の105円LEDランプ クリップにフレキの首のやつ

Nm-DSCN1293.jpg


まあまあですね
距離 1センチメートル
凄く近すぎ

Nm-DSCN1289.jpg


此のズームレンズをバラして手に入れた
一番でかい凸レンズをカメラのレンズにあてがい
遠方に設定してピントの合う距離まで離します
15センチほど離せます
実体顕微鏡のような感覚

Nm-DSCN1297.jpg


そして取った約2倍ぐらい拡大した物
結構補助光があるので明るい

Nm-DSCN1291.jpg


ほぼ2倍のトランジスタのパターンですが
この物はピッチ 1ミリですが端っこに入っています
使えそうで安心しました

Nm-DSCN1298.jpg




ポリカーボは危険




TiAlNコート2枚刃超硬エンドミル(M)刃先シャープタイプ
icon
icon
icon



根性かどうか判らないが
手前の○と四角はクリア奥の○の時、余裕扱いていたら
もう終わったかなと思ってみたら
径が広くなっている
エンドミルに水飴のように丸く樹脂が固まっている
エンドミルは折れていなかった
多分高熱で溶けていたようです

Nm-DSCN1284.jpg


クランプに一工夫
L型の物があれば1発で固定可能な感じ

Nm-DSCN1285.jpg


どうにかキツキツで嵌りましたが
よくよく見たら、ケースの入口から底方向にテーパーになっている
入口が広い
金型で作っているので当然かと思うが
もう少し上の位置に穴を開ければ良かった
きつ過ぎ

Nm-DSCN1299.jpg




Nm-DSCN1300.jpg




Nm-DSCN1301.jpg


でも此でむき出しの基板で
破損から免れるでしょうね

Nm-DSCN1302.jpg




テパの確認

みにまさんの日記
2010年08月12日
23:58


参考までに、私のMPGのコネクタの信号解析結果を貼っておきます。
 あくまで参考情報ですので、ご使用前には現物で確認してください。

1. ランプ + (24V)
2. カバー付きSW 押 0
3. キー左 0 右:Hi-Z
4. キー右 0 左:Hi-Z
5. x1 選択されると0 それ以外ではHi-Z
6. x10
7. x100
8. 非常停止SW #1 B接点
9. 非常停止SW #1
10. GND
11. ランプ -
________________X_Y_B_C_Z_Tz_Tx
12. 軸選択_0_Z_Z_0_0_Z_0
13. 軸選択_Z_0_Z_Z_0_0_0
14. 軸選択_Z_Z_0_0_Z_0_0
15. 軸選択 割り当てなし
16. GND
17. MPG B
18. MPG A
19. MPG GND
20. MPG +12V
21. ケーブルシールド?
22. 非常停止SW #2 B接点
23. 非常停止SW #2
24. GND




Nm-DSCN1281.jpg




Nm-DSCN1282.jpg




Nm-DSCN1283.jpg



http://www.tosoku-inc.co.jp/products/encorder/re45tv.html#04
プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示