高精度電源Agilent 6114Aのゼロ調整

先日からエージングしている高精度電源Agilent 6114Aのゼロ調整

回路図と在りかが判りました
R13ですね

WS001067.jpg


上の3個並んでいるボリュームの左側
此の基板に中枢の回路があるようです

どれ一つ無ければ機能しない物ですが

WS001072.jpg


明日調整してみましょう
ズレと言っても殆ど気に成らない程度なので
良くなるのかどうか

現状 0.00V時
0.1883mV=188.3uV=0.0001883V
のズレ

ケレスレーとアジレント

只エージングするのは勿体ないので
ケスレーも並列に繋ぎました

数値良い
暖房は、19度 ストーブの背面にセンサーが有るのでほぼ室温と同じ
19度

Nm-DSCN1891.jpg



40.00V設定時の ケレスレーとアジレント の 6桁半
3.*mVの表示 ケレスレーとアジレント の差は 200uV


Nm-DSCN1892.jpg


30.00V設定時の
ケレスレーとアジレント の差は 700uV

Nm-DSCN1893.jpg


20.00V設定時の
ケレスレーとアジレント の差は 200uV

Nm-DSCN1894.jpg



10.00V設定時の
ケレスレーとアジレント の差は 1500uV

Nm-DSCN1895.jpg



1.00V設定時の
ケレスレーとアジレント の差は 74uV

Nm-DSCN1896_20101030192426.jpg



.90V設定時の 
ケレスレーとアジレント の差は 69uV

Nm-DSCN1897.jpg



0.10V設定時の
ケレスレーとアジレント の差は 11.5uV

Nm-DSCN1898.jpg



0.01V設定時の
ケレスレーとアジレント の差は 2.8uV

Nm-DSCN1899.jpg



0.00V設定時の
ケレスレーとアジレント の差は 5.6uV
ケレスレー 0.1939mV
アジレント 0.1883mV

Nm-DSCN1900.jpg



40.00V設定時に戻しました
結構差はないです
uVの変な数値はノイズとリプルかも
ケレスレーとアジレント 共に同じような傾向
ノイズキャンセルとか似た様な手法なのかも

Nm-DSCN1901.jpg





IC交換 2台

旧型の 基板のIC交換とチェックを本日完了しました

3台目はチェックのみです
不具合はありませんでした


半田吸い取り器が詰まってしまい
ランドが2個半ずれてしまいました

半田吸い取り器のチップを新品に交換したら凄くスルスルと吸い取りました
矢張り道具ですね

1台目





2台目





Nm-DSCN1904.jpg




Nm-DSCN1905_20101030192630.jpg




Nm-DSCN1906.jpg










高精度電源Agilent 6114Aの調整

矢張り端数が気になり、開腹

回路図の +16VのREF電圧を調節してみましょう
『R5 1KΩ REF. ADJ』を少し弄くります

設定は全て最大値にセット
40.00Vに成るように R5を調節します
全て ゼロで最小値を確認

素晴らしい エクセレント

答えてくれます


右上の白い○の左側の縦に長いもの
多回転のボリュームです
異様に長いです

WS001072.jpg



OP-AMPの入力の ツェナーダイオードの反対側の比較電圧を調整します

WS001073.jpg



室温はセンサーが閉鎖的な所は17度 空気の循環する所は19度
未だ涼しいです

Nm-DSCN1880.jpg


アメリカの電子機器のようでソリッド抵抗多用しています

Nm-DSCN1874.jpg


最大で 40.00Vに成るように
調節前は 40.01**Vです

Nm-DSCN1881.jpg


ゼロも少し持ち上がっています

Nm-DSCN1882.jpg




Nm-DSCN1883.jpg









調整後
凄く良いです
40.00Vに成りました

Nm-DSCN1884_20101030135835.jpg


0.000**に成りました
大変気持ちが良い数値が出ています

Nm-DSCN1885_20101030135834.jpg

高精度電源Agilent 6114A

Agilent 6114A を、手に入れましたので評価してみました



Agilent のリンク

http://www.home.agilent.com/agilent/product.jspx?nid=-536902299.536879741.00&lc=jpn&cc=JP



気温は低いです
台風の影響で雨です

Nm-DSCN1868.jpg


湿度も多いです

Nm-DSCN1869.jpg


小数 第一位の0が印刷が取れています
生き残ってきたのが凄い

Nm-DSCN1859.jpg


暖房を入れてエージング、人間が寒いだけですが
1時間程経過しても未だ変化無し
高精度ですね
後は負荷テストですね

Nm-DSCN1867.jpg




X,Yに分圧回路を接続します
10Vの位 20KΩ 0.01% が 10V変化 奇数値の時
      40KΩ 0.01% が 20V変化
1Vの位  2KΩ 0.01% が 1V変化 奇数値の時
      4KΩ 0.01% が 2V変化
0.1Vの位  200Ω 0.025% が 0.1V変化 奇数値の時
        200Ω 0.025% が 0.2V変化
0.01Vの位 20Ω 0.1% が 0.01V変化 奇数値の時
        20Ω 0.1% が 0.01V変化
0.01Vの位のボリューム
        20Ω ボリューム が 0.01V変化

WS001069_20101030113917.jpg




16Vから32KΩ0.05% 高精度ですね

WS001070.jpg


何か懐かしい抵抗、測定器の仕事で35年程前に使用していましたが今ではチップ抵抗なのでしょうか
此の抵抗ソリッド抵抗の形のモールドですが色は軍需用の色をしています
多分此の測定器のもそんな色の抵抗で文字が印刷している物でしょうね
1本何千円もするので精度が良い感じ
何時間か経過、17度ですが2mV程度しか変化していません

WS001071.jpg




何か測定器に取り憑かれてしまったような気がする
危険ゾーン





本日の作業

ゼロクロスSSRを使用して
CNCインターフェース基板の信号で
スピンドルのオン/オフ制御の為の回路を組み立てます
材料を吟味

ケースはコンセントがほんの僅か大きいが良しとします

この他に、表示ランプも付けようかと思う

Nm-DSCN1856.jpg




Nm-DSCN1857.jpg




Nm-DSCN1858.jpg




電源と一緒に手に入れた物

何か判らないものでした

メーカーを調べたら ドイツのメーカーで凄く微量のディスペンサーの駆動信号発生器
パルスが出てくるはず

色々観察したら 後ろのパネルのBNCコネクターに波形が見えました

Nm-DSCN1848.jpg



Nm-DSCN1847.jpg




Nm-DSCN1844.jpg




Nm-DSCN1849.jpg




Nm-DSCN1846.jpg


オシロの画面を写真で撮すと文字が明るすぎて滲んでしまう
GPIBやRS232Cにて波形をパソコンにゲットして
綺麗に保存したい物ですね

Nm-DSCN1854.jpg



こんなのが有ります

『GPIB-パラレル変換アダプタを使用した通信』


『USB2GPIBの製作』


『EasyGPIB』



『KE5FX GPIB Toolkit!』







散歩 2010/10/29 16:51

本日も良い汗出ました
到達時間 25分

雨もなく、雲の間に真っ青な空が覗いていました

空気は冷たいです

50V時/1A 25V時/2A の電源の負荷試験

電子負荷で 1A付近を流す
1Aに達すると 50V時には CC(コンスタントカーレント)モードに変化してしまう
やむなく、0.99Aで、テストします

負荷変動も問題ないです
発熱無し、臭いもしない

大変状態が良い物でした

Nm-DSCN1828.jpg



Nm-DSCN1829.jpg




作業場にストーブ

今年は凄く寒く感じます
朝から昼に13度から変化無し

ストーブのコンセントを差し込み
スイッチオン
風は強風

ほぼ、20度
凄く暑く感じる



そう言えば、足の下に、発泡スチロールなどのボードを敷いておくと凄く暖かくなります
今年は凄く足が冷たくなってしまった
ボードの良いやつを探そう

50Vの電源を再度朝の寒い時に

本日は凄く寒い
この様な日も朝から観察
昨日の晩の数値と余り変化無いです
デジボルも電源も余り数値が変化無いです

結構良い電源でした
電子負荷で変動率を後で調べてみましょう

Nm-DSCN1825.jpg




Nm-DSCN1827.jpg





Nm-DSCN1826.jpg




本日の作業

午前中は自宅のストーブの掃除とテスト
結局 E1 のエラーで止まってしまう
と言うか、ファンが回って直ぐ止まる

寒いのでストーブ購入するか検討




ご依頼の 2相ドライバーの 完成テスト済み品
その、組み立てを始めました

Nm-DSCN1820_20101027181759.jpg




Nm-DSCN1821.jpg



半田付け完了

Nm-DSCN1824.jpg




少し高い電圧

50V迄の電圧を発生出来る物をゲット
少し古いのか、最初変な臭いがする感じ
50Vから25V程に下げて暫くエージング
その後、MAXで HPと比較しながら観察

良い数値出ています


Nm-DSCN1822.jpg




Nm-DSCN1823.jpg





雨がシトシトな日は

今日は雨がシトシトでどんよりな日
薄ら寒くて、活動が弱い

そんな日は、室内ウォーキング
足踏みで何時もの 運動の負荷を再現
手を一生懸命振り
その場で足踏み

デジボルの数値を見ながら
色々邪念が沸沸しながら
一生懸命、手足を動かし

以前は負荷が達成しなかったのに
今日は直ぐ達成して、この調子で行けるかと
頑張って、 達成時間 34分

大汗です

結構、出来る物ですね

デジボルの調整 2

本日、電圧以外の項目を行う為
電源断したら、再起動しなくなる
アラーム、暴走状態

リセットしても再起動しても駄目ダメになる

暫くしたら正常になる

電源コードを抜いたから暴走したのか

停電は怖い
バックアップ電池も付いているのですが
壊れているのかも

抵抗、電流、周波数
は少し少ないデータですが
HPのデジボルとほぼ同じに成る

後はRMSの項目だけです

電流は 0から21mAの基準電流でテスト
もっとでかい電流値は電子負荷で後日行います

ACはトランスとスライダックが良いのか
パルス波形発生器も良いかも
HPと比較しながらRMSの調整をすればいいと考えてます

散歩2010/10/25 16:48

寒いので
フェールとの帽子とウインドブレーカーもどき
首にタオルを巻き
スタート

何時ものコース
凄い汗が出ます

規定の負荷での運動時間 24分

何時もの時間です
1回しかスピードアップの催促が出ませんでした

汗を拭いて着替えてもポカポカしています

ロジアナ バージョンアップ

WS001062.jpg




http://www.saleae.com/downloads/

外気寒いです

快晴ですが
気温は低い
体感温度冷え冷えです

ウインドブレーカーに似たものを着用
何時ものコース
でもペースが低いと何回も言われました

到達時間 22分
何分か到達しなかったのですね

でも大汗

デジボルの調整

何か端数が気になる

どうせテスターとベンチタイプの中間の物なので
ボリューム可変してバッチリ端数を整えましょう

気温は朝から三時頃まで 19.6度から20.3度と余り変化無し
気分日差しが当たるので暖かかった
もう日差しが薄くなって寒く成りそう
Nm-DSCN1768.jpg




蓋を開け
取説の何処を見ても判らないので
いい加減に回していく
Nm-DSCN1772.jpg




DCの
100.00mV = VR1・・・多回転
10000mV  = VR3
10.000V  = VR2
100.00V  = VR4
1000.0V  = VR5

此処まで解析完了

Nm-DSCN1796.jpg




Nm-DSCN1797.jpg




Nm-DSCN1799.jpg


調整後
端数が出ないように慎重に

Nm-DSCN1800.jpg

殆ど使用パーツは日本製
20年程前は世界の電子機器の激安工場は日本だったのですね
もう韓国、台湾、中国 と 遷移して
いつから外国製が安くて良いと思うようになったのか忘れてしまう

此のデジボルも当時のアメリカなどでは
高級で高信頼の製品として販売していた感じ








序でに
D/Aコンバータの 基準電圧発生器の 確認も

1.111 出力時
横河の基準電圧発生器のモニター部 表示器の上段
1.1109 表示

誤差 0.01%

Nm-DSCN1801.jpg


実際はそれ以下に調整されています
此は半年以上前に調整した物ですが
結構良い数値出ています

Nm-DSCN1802.jpg

@dnetc.net 凄いですね

牛が凄いですね
私は一寸というか大分息抜きしています

@dnetc.netという関係の方のマシンが
200日未満でどんどん私を追い越していきます

どんなマシンなのか気になる所です

私の環境では、禁止令が出る程
電力が喰います

凄く熱くなってパーツが壊れます
駆動しなくても暴走するようになるのは
放熱が劣化したのかも

凄い技とパーツと電気が潤沢にあればなぁ

WS001060.jpg
プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示