FPGAは皆様の物と同じのが良い


CDとネットで講習を受けているが
トレーニングの環境は皆様と同じ物の方が後々幸せになる事が判った

デジキーで送料無料+税金

1世代前のチャイナの物は今後トレーニングボードとして未だ未だ役に立ちます
LED,7SEG LED,LCD,Irda その他
色々なインターフェースが付いていてテストには便利です

WS001611.jpg





WS001610.jpg











チャイナの怪



一寸危険な物ばかりでしたが
FPGA,ロジアナはとても良い物でした
気をよくして、この下の機種で安い物を問い合わせしたら
紹介文と写真の内容で説明している事とは全く異なる
期待したら大損の内容です

どうも安すぎと思った
少なくても倍以上の価格の物がその内容の商品です

期待し過ぎて落差が凄いです




久々の夕立


雷が光った途端
ビリビリとか音がしてドカンと凄い響き

凄く近い

愛犬ソラが

工房のアジトから
仮設事務所に来て窓の直ぐ外にいます

一人では心細いのでしょうね


WS001608.jpg












放射線量 測定器


彼方此方の掲示板やブログ
テレビ等で主婦の方もこぞって線量計をレンタルで借りたり
電気の仕事や趣味関係の方も製作や購入をしてレポートを上げています



気に成るのが
有無のテストも距離などに左右されたら検査が不確定になるし
量が表示されないので、量は人間感覚になるのが不確定と思います

此の類の測定器は測定値を再現するのが困難な分野ですね

感度を良くしたら良いのかどうなのか
悩みます

こんな状況に日本が当事者になる事態が悲しいです

その内埼玉でも食べる物が無くなるのかも
あれほど平気と思っていた隣の県の藁を食べた牛が
規格を大幅に超えていて
既に食べた方にはどうしようもない

何か殆どが爆発した後の飛沫が影響しているとした思えません
一部の科学者が札ビンタされて作られた原子炉
その方たちが今必死に正当化するキャンペーンをしているのが良く解ります

放射線検出器は実験には面白いけれど
リアルな社会には有ってももう遅い事を伝えるだけなのかもしれません


以前東京の砂場の殺菌をする火炎熱処理を製作した事がある
幼児が東京の砂場で遊んだ後其の砂に潜む菌に冒されると言う事があり
砂洗浄機を製作するのに携わりました

此は装置と砂場の量の関係で処理量がはっきりしています
子供の安全を考えると手を洗いうがいをするのが一番です
でも放射能の線量の多い所が雨水の流れる所のようです
其の場所に近づかない様に指導するのが一番ですね

野菜や魚の放射能検査はしているのかも疑問

海外の国からはちゃんと検査したものを日本在住の方に食べさせる様に言われている様な

かと言って素人が規格を守って検査できる物でもないし
線量を発表するにも自分の此の様だったというのは良いが数値をはっきりと明示すると
全体との相対値が明確ではないので
絶対値には成れない
レファレンスが手元に無いので校正不可能と思われます


USBEEにとっても似ている物



調子扱いて
アナログ1CH,デジタル8CH
クロック最高の24MHz
此の画面が出て強制終了です

WS001592.jpg



少しクロック下げましたが未だ画面に警告が出ます

WS001593.jpg



デジタル8CHのみで、16MHz可能です
ロジックと同様ですね・・・・同じハードなので当然ですね

WS001594.jpg



デジタル8CH×2,アナログ1CH×2で色々な組み合わせが設定可能です

WS001595.jpg



16MHzサンプリングにて、100Mサンプル数で、6.25秒記録可能

WS001596.jpg



16CHの、クロックジェネレーターです

WS001597.jpg



適当に波形製作
下が発信器上がゼロプラスロジックキューブで波形記録

WS001602.jpg



ひな形の波形発生
数パターン有る

WS001598.jpg



16点のPWM波形発生

WS001599.jpg



0ー255分解能です

WS001600.jpg



リモート接点

WS001601.jpg




此のロジアナを選択した理由は
最初、Logic
を凄く検討後購入したが
其の後、此の USBeeの存在に気づいて
凄く気に成る存在でした

其の最大の理由は、ロジック入力の他に
ロジック出力、発振出力、パルスカウンタ、エッジカウンタ、オシロスコープ
何と盛り沢山でしょうか

でもね、175000円です・・・・・・買えなかった。
最下位のロジックと同じ物は同様の価格
同じ物は2個要らないです


ひょんな事から、中華のショップを教えて頂き
ウインドショップのつもりがクリックしていました

100ドルで送料込み
私が買った後、168ドルに変更していました
凄く安すぎでした

もう少し使いこなせる様に研究していきます













USBee Dx


USBee Dx オリジナルのリンク




チェックする項目を見てみる
デジタル16チャンネルでは 最高8MHzですね
実際其の様でした

最高24MHzの条件は
アナログ1CHかデジタル8CHの時ですね
此も確認してみましょう

デジタル信号出力
此は凄く関心がある

パルスカウント、エッジカウント
此も便利な機能です

アナログの帯域も調べてみたい

何と言っても、此の機種を選択した最大の理由は
記録時間が最高に長いのです

ロジックの16チャンネルも凄く惹かれましたが
高額で手が出ません
此もその内に・・・・・・・・・・・・・・・・・。

WS001406.jpg



WS001407.jpg




初物のFPGA


全ての物が付属している
DVD3枚
ACアダプタ
RS232Cケーブル
リモコンスイッチ


Nm-DSCN4937.jpg





Nm-DSCN4938.jpg




初期のテストプログラムが動いただけ

此から絶壁を上るのですね
判らない事ばかりです





USBEEもどき


ニューフェースのロジアナ 16CH + オシロ 2CH

24MHz迄取り込み可能な設定ですが
8MHz位が私の環境では限界

ロジックのロジアナと同じハードなので速度が間に合わないのかも
USBドライバは2個同じ物が組み込みされて
2重に動いている感じ
アナログ2chが1個占有しているのかも

もう少し追求すればと思う
でも良い道具が又増えた









デジタル16ch
ロジックより設定遅くしないと計測不能
安くてまあまあの性能?????



.TXTを取り除くとUSBEEにて閲覧可能です

https://skydrive.live.com/?cid=81a3c94029b1b8dc&sc=documents&uc=1&nl=1&id=81A3C94029B1B8DC%21324#




デジタルコネクターはヘッダーとハウジングの形状が異なるのでブカブカです
ケーブルもフニャフニャでコシが無いリボンコードです
腰の強いバラ線希望ですね
出来ればロボットケーブルで

Nm-DSCN4939.jpg



1個のUSBコネクターで2個分のドライバー使用していますが
サンプリング速度が上がりませんです
自分の利用方法が記録時間重視なので此でも嬉しいです
未だテストしていませんが

カウンタ機能
シグナルジェネレータ機能
デジホル機能
オシロ機能
順次テストしていきます

Nm-DSCN4940.jpg



私が購入した後100ドルが168ドルに変更しています
168ドルでも安いです
送料込みですから
UPS高速配達でした
成田で日本の業者が代行するのですが伝票を書き直した時
さいたま市に変更というか追加されていました
半日到着が日本でロスしました

出品者には感謝の星5つ付けました

此の製品にはとても素敵な機能盛り沢山なので当分応用を考えるのが楽しみです







怪しい、転じて、まともな PLC_PCB 認識した


USB-RS変換コード使用
アドレスを合わせる

通信テストにて接続成功

WS001586.jpg



取り敢えず吸い出してみる
何も入っていませんでした

WS001587.jpg



CPUステータス

WS001588.jpg


デバッグコードを繋ぎオンラインテスト

まずまず、成功しました




入力はモニター画面とLEDにて確認
出力は未だ
強制出力でテストしようかと思う

成功です





テストプログラムにて動作

動いていますね







POWER,RUN,ERR の LEDです

Nm-DSCN4912.jpg



RUNスイッチです

Nm-DSCN4913.jpg



上位リンク用コネクター
COM1,COM2リンクモニターではどちらでも同じ動作をしました
1個はデバッグモニターともう1個をタッチパネルに利用するのが普通でしょうね

Nm-DSCN4914.jpg



トランジスタバッファ7個入り2個 14点のリレードライブ

Nm-DSCN4915.jpg



入力は16点なので此は入力バッファにしては半分の8点ですね

Nm-DSCN4916.jpg





Nm-DSCN4917.jpg





Nm-DSCN4918.jpg





Nm-DSCN4919.jpg





Nm-DSCN4920.jpg





Nm-DSCN4921.jpg





Nm-DSCN4922.jpg





Nm-DSCN4923.jpg





Nm-DSCN4924.jpg





Nm-DSCN4925.jpg





Nm-DSCN4926.jpg





Nm-DSCN4927.jpg





Nm-DSCN4928.jpg





Nm-DSCN4929.jpg





Nm-DSCN4930.jpg





Nm-DSCN4931_20110727194525.jpg





Nm-DSCN4932.jpg









PLC_PCB 2枚とも異なるハード


危険すぎました
まるで、三菱の型番の様なCPUのレーザーマーキング
危険な物に限って2枚買う癖があります

其の結果2枚ともICが付いていないのが
其の場所もまちまち
それでも動かしたのかどうかも判らず

ハードウエアマニュアルがないのでどの様に結線して良いかも判らず

ユーザーズマニュアルがないので
デバイス割り当ても不明

モニターソフトが三菱とコンパチなのはショップの案内にあったが
入力の結線方法も不明
電源も不明、多分DC24Vの極性問わずと思われるブリッチダイオード付き

何時まで待っても音信不通と思われるのでチマチマと解析するしかないかもしれない









端子台はコネクタータイプのネジ式です
入力回路はモニターLED付き、フォトカプラー搭載、X0,X1は高速タイプのフォトカプラ

出力回路は12Vのリレーで絶縁、コモンは何カ所かにまとめられている

スーパーキャパシターで電池電圧低下時のメモリーバックアップ
24Vから12Vへのスイッチング電源搭載
アナログボリューム2個搭載
丸コネクターの通信コネクター2個搭載
ざっと見渡したら、こんな感じです

Nm-DSCN4886.jpg



アナログボリューム2個搭載
丸コネクターの通信コネクター2個搭載

Nm-DSCN4887.jpg



まるで、三菱の型番の様なCPUのレーザーマーキング
FX0S-V26 -938 2011.04 とレーザーマーキングしてあります


Nm-DSCN4888.jpg



売っているシーケンサの型番は FX1S-30MR に成っています
ますます怪しい

WS001405.jpg




入出力バッファ

Nm-DSCN4889.jpg



12Vスイッチング電源か

Nm-DSCN4890.jpg



多分、RUNスイッチと思う

Nm-DSCN4891.jpg



コイルの右の金の縦長のY1は水晶発振子
リアルタイム時計用と思われる

Nm-DSCN4892.jpg



出力リレーは容量大きいですね

Nm-DSCN4893_20110726223439.jpg



入力は表面はLED、裏面にフォトカプラになっています

Nm-DSCN4894_20110726223438.jpg



入力バッファ 74HC245

Nm-DSCN4895_20110726223438.jpg



フォトカプラ汎用タイプ

Nm-DSCN4896_20110726223437.jpg



フォトカプラ高速タイプが一番上に見えます

Nm-DSCN4897.jpg



不明1

Nm-DSCN4899.jpg



不明2

Nm-DSCN4900.jpg



不明3

Nm-DSCN4901_20110726223524.jpg



2枚並べた所
赤いデバッグコードはおまけ

Nm-DSCN4902.jpg


片方のU4が付いて無い

Nm-DSCN4903_20110726223523.jpg



U6は付いている

Nm-DSCN4904.jpg




片方のU6が付いて無いU4は付いている

Nm-DSCN4905_20110726223610.jpg



片方のU6が付いて無いU4は付いている

Nm-DSCN4906_20110726223609.jpg



電池の型番も不明

Nm-DSCN4907_20110726223608.jpg



此方の水晶のケースのアーシング半田凄く汚い
水晶が壊れてしまう感じの半田付け

Nm-DSCN4908_20110726223608.jpg



矢張り此の領域は足を踏み入れては行けない領域と痛感した

でもパープーなので
又繰り返してしまうのでしょうね






FX0S

FX0S






FX1S






UPS成田に来ていたUSBee Dx and FPGA board


首を長くして待っている
USBee Dx and FPGA board

UPSのナンバーを入れる所が違っていたので幾ら検索しても見つからなかった
其の下のナンバーを入れる所で検索したら先程成田に到着していた

WS001400.jpg



早ければ本日移動してくるかも

WS001399_20110726095728.jpg











チャイナの荷物状況2


USBee Dx and FPGA board
が本日出荷連絡届く

此方は UPS ですね
未だ追跡に反映していないですが嬉しい

此処にも色々と下準備の資料と質問をしました
FPGAはハードウエアマニュアル
ロジアナは動かす方法
等を質問しました

WS001583.jpg











チャイナの荷物状況


もう、東京に着いた
後少しです
息を抜かずに来て下さい

本日、出品者に ハードウエアマニュアルをお願いした
物を知らないとプログラム不可能です


WS001582.jpg













最後の恋~哀しみのソレアード~ クミコ



WS001391.jpg




http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=113468

VerilogHDL



基礎から学ぶVerilogHDL & FPGA設計(2007年4月~2009年3月連載)




Verilog-HDL 入門




初めてでも使えるVerilog HDL文法ガイド ―― 記述スタイル編









心と脳の準備


HDLによる高性能ディジタル回路設計 ディジタル/CD-R版

森岡 澄夫 著
ケース入り 192ページ
【直接販売商品】
価格1,800円(税込)

好評発売中!


CQ出版直接販売品です

ぼろ儲けですかね

でも人気なのかCDで復刻した物です
サンプルソースが付いているので目がショボイ私には助かります

中国のFPGAボードが来れば直ぐ遊べるように
心と頭にたたき込みます











「HDLによる高性能ディジタル回路設計」(森岡澄夫著)


すんさんの過去掲示板の引用です
リンクが無くなると困るので
引用しました


| TOP 新規投稿 | ページ一覧 |

No.19402 への▼返信フォームです。

「HDLによる高性能ディジタル回路設計」(森岡澄夫著)
投稿者: Shuji009 2010/08/03(火) 10:01
No. 19402 引用


Design Waveの「HDLによる高性能ディジタル回路設計」(森岡澄夫著)
を読み始めましたが、これは、面白いです。アマチュアでも
参考になります。

本書の目的~目標については、別スレッドに書きました。

ここでは、第1章の「回路設計作業の全体的な流れ」を
ピックアップします-----参考になりますので。

-------------------------------------------------------

・「いきなり回路を作り始めない」これが原則

作業1・・・回路の仕様をきめる
作業2・・・モジュールの構成を考える
作業3・・・モジュールのビヘイビアを考える
作業4・・・クロックごとにレジスタ何を代入するかを決めて
      RTLソースを記述する
作業5・・・必要に応じてゲート・レベルで回路設計する
作業6・・・FPGAにダウンロードする

実際の作業は1~6を何回も繰り返す。

--------------------------------------------------------
作業5の「ゲート・レベルで」という部分がわかりにくかった
のですが、コラムに解説されています。

作業6は、元は「チップをつくる」となっておりASICの
事が主体ですが、私が使うのはFPGAなので表現を変えております。


Re:「HDLによる高性能ディジタル回路設計」(森岡澄夫著) 引用
投稿者: Shuji009 ..2010/08/03(火) 10:27 No.19403

「第2章 単独モジュールのRTL設計法」
 副題が「CRC計算回路と簡易CPUを例にして」
となっています。

(1) CRC16のCソース(いわゆるビヘイビア)からRTL
 に置き換えるというもの。
 CRCは、フロッピーディスクのFDCに使用されていたり
 ハードウェア化しやすいものだと聞いていますので
適切なサンプルだと思います。

(2)PICを例にしたCPUのモジュール化
 こちらも、C言語で書かれた(ビヘイビアで書かれた)
 PICコアをRTLに設計していきます。

いずれも、元はC言語で書かれておりますので、それを
コンパイルしてパソコン上でビヘイビアレベルでの動作
確認ができるってことが重要です。
(編)
Re:「HDLによる高性能ディジタル回路設計」(森岡澄夫著) 引用
投稿者: Shuji009 ..2010/08/03(火) 10:42 No.19405

第2章の続き

上のCソースをRTLに置き換えるためのポイントが
網羅されています。

○クロックの概念を入れてRTLへ変換する
 重要ポイント「クロックは1種類しか使わない」(原則として)
 ソフトウェアの動きを状態遷移で示すということだそうです。

 手順1:モジュールの入出力インターフェースを決める
 手順2:レジスタを決める
 手順3:処理の流れを書き直して状態遷移にし直しやすくする
 手順4:状態遷移を図へ書き出す
 手順5:状態レジスタを導入する
 手順6:初期化時の処理の追加と処理のループ化

---------------
以下「同時代入」の使い方が詳細に応用例を含めて紹介
されております。

写真(ピンぼけごめん)は、状態遷移図の例です。
Re:「HDLによる高性能ディジタル回路設計」(森岡澄夫著) 引用
投稿者: Shuji009 ..2010/08/03(火) 10:52 No.19406

「第3章 VHDLによるRTL記述法と回路の対応について」
この章の最初の方に
「無理に文法を暗記しなくても、コードを書いてCADにかける
作業を繰り返すうちに、自然に体が覚えます」と
書かれていますけど・・・・それは若いうちだけですね(汗;)。
中々覚えられません。

この章では、2章で取りあえず作成したサンプルを掘り下げて
解説しています。

個人的にはP.55の「HDLで書いたRTLと回路の対応」というのが
ストライクゾーンでした。当たり前なんですけど、丁寧に
解説されています。
Re:「HDLによる高性能ディジタル回路設計」(森岡澄夫著) 引用
投稿者: Shuji009 ..2010/08/03(火) 11:02 No.19409

「第4章 モジュールのインターフェース設計法」
です。副題が「データをやりとりするための方法」

今までは単独モジュールでしたが、この章では他の
モジュールや周辺チップとのデータやりとりについて
書かれています。

○モジュール接続の基本
 ソフトウェアに例えての説明と、ソフトウェアとの違い
 について書かれています。

○VHDLでのモジュール接続方法(通常はport map文を使用)
 について詳細記述されています。

○データ流れの調整方法
 2章のCRCを例に調整方法が書かれています。

○交信プロトコル設計
 プロトコルをVHDLで記述する方法が書かれています。
(編)
Re:「HDLによる高性能ディジタル回路設計」(森岡澄夫著) 引用
投稿者: Shuji009 ..2010/08/03(火) 11:18 No.19412

「第5章 インターフェース部に誤動作防止の工夫を加える」
 副題が「ハザード、セットアップ/ホールド・タイム違反、
クリティカル・レースへの対応」
 となっており、いよいよ本丸が始まります。

○回路誤動作のおもな原因
原因1:ハザード(「回路の各信号値が安定するまでバタバタと
変化する現象。グリッジ、ヒゲともいう」と書かれています)
原因2:セットアップ/ホールド・タイム違反
原因3:クリティカル・レース(入力信号の各チップへの到達が
    経路の長さがばらばらの時に発生する誤動作)

以上のものに対しての誤動作対策について書かれています。

因みに「非同期式回路や非同期系に接続される信号には、ハザード
対策が必要」と書かれています(P.83)。
また、ハザード、レース以外にメタステーブル対策も同じように
書かれています。

具体的なハザード対策例と(未対策例も)して
EDO-DRAM(懐かしい!)を例に書かれております。
(編)
Re:「HDLによる高性能ディジタル回路設計」(森岡澄夫著) 引用
投稿者: Shuji009 ..2010/08/03(火) 11:25 No.19413

第5章の続き

「非同期入力信号による誤動作を防止する」という節があり、
非同期信号は1つのD-FF(シンクロナイザ)で受ける。
シンクロナイザと内部レジスタのディレイのチェック等
非同期信号が省けない場合の例の処理について書かれています。

また章の最後には、注意点がやや散文的にまとめられています。
中々根本解決は難しい課題のようです。 (編)
Re:「HDLによる高性能ディジタル回路設計」(森岡澄夫著) 引用
投稿者: Shuji009 ..2010/08/03(火) 11:32 No.19414

「第6章 回路性能は何によって決まるのか」
興味深いタイトルです。
副題は「動作速度と回路規模と消費電力に関する考察」。

・回路周波数がきまる要因
・回路規模がきまる要因
・消費電力がきまる要因
についての考察です。

「回路性能回善をCAD任せにしない」なんて節があって、
どきっとしました(汗;)。実際は、まだこのレベルまでも
至っていませんけど。

Re:「HDLによる高性能ディジタル回路設計」(森岡澄夫著) 引用
投稿者: Shuji009 ..2010/08/03(火) 11:39 No.19415

「第7章 処理をハードウェア向けに直して回路性能を向上される」
です。これは、本書のタイトルに直結した内容のようです。
副題は「クロック数の削減やパイプライン化による高速化の手法」
です。難しそうです。

○1クロックあたりの処理を増やして回路性能を向上させる
 ビット幅を増やす、同時処理を増やす、という意味でした。
 状態遷移図から再設計する必要がありそうです。

処理クロック数をパラメータ化する、という秘伝?も
書かれております。

また、クロック数を減らしたときのデメリットについても
書かれており、至れり尽くせりって感じです。

Re:「HDLによる高性能ディジタル回路設計」(森岡澄夫著) 引用
投稿者: Shuji009 ..2010/08/03(火) 11:46 No.19417

第7章の続きです。
パイプラインについて。

今までは、状態遷移図=時間的展開を元にRTLを記述して
きたのですが、パイプラインでの手法では、回路を
空間的展開を行う(モジュールを直列に繋げる)手法に
ついて書かれています。

直列につないだ回路をクロックでずらして、複数動作
させているのは、現在のCPU(AVRマイコンでも)普通に
行われています。
Re:「HDLによる高性能ディジタル回路設計」(森岡澄夫著) 引用
投稿者: Shuji009 ..2010/08/03(火) 12:07 No.19418

「第8章 回路のブロック図上で性能を向上させる」
副題「回路規模の縮小、動作周波数の向上、消費電力の低減に向けて」

ずばり、RTLを小さく書くということになります。
その手法について書かれています。

○RTLで回路を縮小する方法
方法1:演算子、セレクタ、レジスタを減らす
方法2:回路リソースを共有化する
方法3:演算やセレクタの順序を変える
方法4:定数値をロジックに代入する
方法5:セレクタを用いて同じ部品を使いまわす
方法6:状態遷移を変えて共有しやすくする
方法7:数値計算の表示形式の工夫

○RTLで動作クロックをあげる方法
方法1:信号伝搬速度を考えて処理順番を決める
方法2:クリティカル・パス(*)の処理内容を減らす
方法3:個々の演算を高速化する
方法4:マルチサイクル・パスにする(複数クロックで処理をする)
方法5;部品の共有のしかたを変えてファン・アウトを減らす
方法6:モジュール間にまたがる組み合わせ回路を減らす

○消費電力の削減方法(エコだ!)
方法1:回路規模を縮小する(あたりまえ!?)
方法2:不要な処理を省く(これもあたりまえ!)
 方法2-1:組み合わせ回路の入力値を固定にする(できればね)
 方法2-1:上流でデータをとめる(できるのか?!)
方法3:ハザードの総量を減らす
方法4:クロックを止める(え?)

 エコは無茶を言うと思いました。
-----------------------------------
*ここでいうクリティカル・パスは、
「通過時間がもっとも長い信号経路」(P.99 第6章)
Re:「HDLによる高性能ディジタル回路設計」(森岡澄夫著) 引用
投稿者: Shuji009 ..2010/08/03(火) 12:18 No.19419

「第9章 個々の部品の最適化」
副題「ゲートレベルで最適化する方法」。

「演算回路」、「状態レジスタへの設定値(ステート・アサイン)」
を最適化する手法について書かれています。

○演算回路については、自分で作るというよりもCAD
のライブラリを使えるものは使いなさいと書かれて
います。無いものは定石を調べるとか、困難(大きなもの)
は分割するとか。
演算回路で使われる基本アイデアをまとめた節もあります。

また、「小中規模の演算回路を機械的に作る方法」についても
書かれています。

*****************
秋月から荷物が届きました。
Re:「HDLによる高性能ディジタル回路設計」(森岡澄夫著) 引用
投稿者: Shuji009 ..2010/08/03(火) 12:24 No.19420

「第10章 ワンチップマイコンを作る」
副題「PIC16F84相当の機能と仕様を実現する」

今までの集大成?というか応用問題です。

以下Appendixが付いています。
無償のEDAツール、HDL対照表(主体はVHDLとVerilog HDL)。


取りあえず、駆け足でざっくり読みました。
HDLによる高性能ディジタル回路設計 引用
投稿者: kawana ..2010/08/03(火) 13:28 No.19425
Shuji009 さんは、どの様なル-トでいくらで買われましたか?
中古で6250¥とWEB広告出ていますが。
Re:HDLによる高性能ディジタル回路設計 引用
投稿者: Shuji009 ..2010/08/03(火) 14:16 No.19426

kawanaさん、どうもです。

買ったのはこのGW明け位にアマゾンで購入していました
(購入していたことを忘れていました)。
その時点ではアマゾン扱いの新品でした。
調度DE0を買って、そろそろFPGAも勉強しないと!と
思って適当に調べて色々と買っていたのでした。

恐らく書籍を扱っている電気屋さんなら新品で
ある可能性が高いのでは?と思っていますが(未確認)。
有燐堂へ依頼したら秋葉原の書店から取り寄せてくれた 引用
投稿者: kawana ..2010/08/03(火) 17:16 No.19432
GET出来ました。
Re:有燐堂へ依頼したら秋葉原の書店から取り寄せてくれた 引用
投稿者: Shuji009 ..2010/08/03(火) 17:27 No.19433

ゲットできそうで、良かったです。

うちの近所はこの数年で本屋が壊滅しました。
三軒あったのですけど。
壊滅? 引用
投稿者: kawana ..2010/08/03(火) 17:50 No.19436
どうして?売れない?競争激化?書店が多い?
Re:壊滅? 引用
投稿者: Shuji009 ..2010/08/03(火) 18:13 No.19437

本を読まない,世代の台頭。
ネット・・・アマゾンの台頭。

だと思います。もっとも一軒は、おじいちゃんがやっていたので
すが、亡くなられたからで、もう一軒は、1号線の集客の良い
場所に移転したというのが真相のようで、もう1つは、理由が
判りません。

本屋が潰れているのは、うちの周りだけではなく、日本全国
各所で起っているようで、東京の嫁実家の近所にあった本屋
も1年くらい前に潰れました。小さいところは特にきついよ
うです。

http://sagisou.sakura.ne.jp/~sakuchin/chiharu/04/28.html

だと万引き倒産とか。











USBee Dx and FPGA board 音信途絶える


ロジアナの価格が違っていた性かどうか
注文後直ぐどの様な便で発送するか問い合わせがあって依頼音信途絶える

優等生から転落する

何時発送するか問い合わせした

その前にショップのタイマーはあと1日ちょいで発注が失効するカウントダウンタイマー
少し延長しておく
お金を払っているのになんかはっきりしない取引ですね
先払いというのが変

少し様子見








メールの返信が来ました

DHLに頼んだら 追加で30ドル取られるとの事
そんなこんなで、来週の週中の2から4日で UPS で発送するとの事
水曜日頃で翌日発送番号知らせるとの事でした

変更したら知らせてくれると嬉しいのですが

もうこれ以上変かはないと思いますので結果待ちですね



優等生のチャイナ 凄い値上げ


オシロスコープ付きのロジアナ16チャンネル
100ドルが
値付けが変更されている

安すぎると思っていました
2台買って置いても良かったかも

100ドルから168ドルにアップ

もう高嶺の花です


WS001581.jpg











移動中 怪しい、PLC_PCB


移動を2回している
大分日本に近いですね

中々重いページです
セキュリティきついです

WS001579.jpg



杭州とか言う所ですね
観光で行きたい名前です
こんなに近い場所でした

LL-WS001580.jpg












発送 怪しい、PLC_PCB


発送されました

到着後使い方が判る資料が欲しいです


http://www.ems.com.cn/qcgzOutQueryNewAction.do?reqCode=gotoSearchE




WS001386.jpg


プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示