ガーバー出力遅すぎ


此のデータを出すだけで
1時間を軽く過ぎてしまう

途中へんてこな部分を修正して
再度、ガーバー出力
何回も修正するとマシンが動きっぱなし

4つコアのCPUなのですが
1個しか動いてないし

1時間経過したところでは
部品面と半田面のパターンが終わっただけ
今シルクを出力している

P板のガバービューワはこのデータを全て入れると止まってしまう
1個だけなら良さそう
無料だから改善しないのかも



m-WS000103.jpg














ガーバーデータ出力方法 「EAGLE 」


データを提出しようと過去の記録や作成方法を
探して時間がかかったのでリンク先をコピーして保存しておく



ガーバーデータ出力方法 「EAGLE 」

『【参照】P板.com専用デザインルールファイル
EAGLEを起動し、下記druプロセッサーリンクを右クリックで「対象をファイルに保存」を選択し、「C:\Program Files\EAGLE-5.10\dru」ダウンロードしてご利用ください。

・・・・・・・・・・


WS000083_20120330162534.jpg


2層板、パターン幅/間隔 0.127mm【標準】pban_5mil-l2.dru
4層板、パターン幅/間隔 0.127mm【標準】pban_5mil-l4.dru
2層板、パターン幅/間隔 0.1mm【特注】pban_4mil-l2.dru
4層板、パターン幅/間隔 0.1mm【特注】pban_4mil-l4.dru

恐れ入りますが、EAGLE CADのデザインルールチェックでは、ベタパターンに対して、縦横のクリアランスは計測できますが、斜めの計測ができません。
従いまして、上記のDRUファイルをご利用の上、設計いただいておりましても、パターンクリアランスエラーとなる場合がございます。

回避策としては、ベタパターン生成 Isolateの値をデフォルトの「0」から「0.254」へと変更し、ご修正いただけますでしょうか。
※値を直入力することもできますが、最小 0.1mm(0.254mm推奨)にてお願いいたします。』

WS000084.jpg




Step 1ガーバーデータの出力

EAGLEを起動し、下記CAMプロセッサーリンクを右クリックで「対象をファイルに保存」を選択し、「C:\Program Files\EAGLE-4.13\cam」ダウンロードしてご利用ください。
2層板用CAMプロセッサー gerb274x[2L].cam
4層板用CAMプロセッサー gerb274x[4L].cam
下記のように設定のご変更が必要となる場合がありますので、ご注意ください。
※2層・4層ともに、部品番号と部品の値が重なって出力されるのを避けるため、シルク出力ジョブのtValueが無効となっています。
※2層板用では半田面シルクのレイヤ設定はありませんので、必要な場合は2層用ではなく、4層板用CAMプロセッサー gerb274x[4L].camの方を実行してください。
※デフォルトでは内側の層(2層目,3層目)にviaとpadを生成する設定にはなっておりません。
Control Panelより
「CAM Jobs」→「gerb274x[2L].cam」か「gerb274x[4L].cam」をダブルクリックしてください。
※参照図は「gerb274x.cam」となっておりますが、[2L]か[4L]かをご選択ください。

WS000085.jpg




下記の「CAM Processor」ウインドウが表示されます。ここで、 「Solder side」 のタブをクリックして、「Style」の「Mirror」 のチェックをなしにしてください。
「Solder stop mask SOL」のタブをクリックして、「Style」の「Mirror」のチェックをなしにしてください。

WS000086_20120330162515.jpg




下記のように、「File」→「Open」→「Board」でプリント基板データ(ここでは例としてdemo3.brdのガーバーデータを生成します)を読み込ませ、下の「Process Job」をクリックします。

WS000087_20120330162509.jpg




必要なガーバーデータが出力されていることを確認します。以下のファイルが生成されていることがわかります。

demo2.cmp(部品面パターンデータ)
demo2.gpi(レポートファイル)
demo2.plc(部品面シルクデータ)
demo2.sol(半田面パターンデータ)
demo2.stc(部品面レジストデータ)
demo2.sts(半田面レジストデータ)
*.pls(半田面シルクデータ)*4層の場合
*.2l(2層パターンデータ) *4層の場合
*.3l(3層パターンデータ) *4層の場合
*.out(外形線データ)

WS000088_20120330162503.jpg




基板データ(demo3.brd)がある同一フォルダに以下のガーバーデータが出力されます。

demo2.cmp(部品面パターンデータ)
demo2.gpi(レポートファイル)
demo2.plc(部品面シルクデータ)
demo2.sol(半田面パターンデータ)
demo2.stc(部品面レジストデータ)
demo2.sts(半田面レジストデータ)
*.pls(半田面シルクデータ)*4層の場合
*.2l(2層パターンデータ)*4層の場合
*.3l(3層パターンデータ)*4層の場合
*.out(外形線データ)

WS000089_20120330162639.jpg




Step 2ドリルデータの出力

次にドリルリストの出力を行います。
EAGLEが起動された状態で、CAMプロセッサーexcellon.camを起動させます。
Control Panelより
「CAM Jobs」→「excellon.cam」をダブルクリックしてください。

WS000090_20120330162632.jpg





下記の「CAM Processor」ウインドウが表示されます。色々な設定がありますが、特に設定し直す必要はありません。

WS000091_20120330162626.jpg



下記のように「File」→「Open」→「Board」でプリント基板データ(ここでは例としてdemo3.brdのドリルデータを生成します)を読み込ませ、下の「Process Job」をクリックします。

WS000092.jpg



必要なドリルーデータが出力されていることを確認します。以下のファイルが生成されていることがわかります。

demo2.dri(ドリルリスト)
demo2.drd(ドリルデータ)

WS000093.jpg



基板データ(demo3.brd)がある同一フォルダに以下のドリルデータが出力されます。

demo2.dri(ドリルリスト)
demo2.drd(ドリルデータ)

※2004年度版のヴァージョン4.11r2以降をお使いの場合、ドリルリストの提出は不要です。

WS000094_20120330162607.jpg



Step 3製造指示書の入力

製造指示書として以下のように各層とファイル名称をメモ(*.txt)にまとめて同一フォルダに保存します。
※外形線データはシルクデータに含まれている場合は必要ありません

WS000095_20120330162728.jpg





Step 4データのアップロード

以上のデータを1つのファイルに入れて圧縮し、ログイン後にご登録ください。

その他、ソフトの操作に関するお問い合わせは、PXY01661@nifty.com までご連絡ください。

P板.com製造サービスでお受け付けしている基板データのアートワーク設計に関する詳細は、製造基準書 PDF形式 をご参照ください。





基板製作途中


改良していたつもりがデータが変化して壊してしまったり
へっぽこです

今は残りわずかを埋めれば完成です

L-WS001929.jpg


アルデーノ互換のシーケンサ風味の基板
64×87



















ATMEL JTAGICE3を追求中2


がた老AVR研究所さんの

『そして遂にISPモードの結線のまま、DWENフューズをリセットする手順を見つけた。その方法とは、コンパイルのとき、BUILDではなく、BUILD&RUNを選ぶのだ(ボタンはBUILDの右どなり)。こうすると、コンパイルをしたあと自動的にデバッガーモードになるので、DEBUGメニューの「AVR Dragon Options」が有効になる。ここでdebugWIREモードをキャンセルしてISPモードに戻れば良い。』">『そして遂にISPモードの結線のまま、DWENフューズをリセットする手順を見つけた。その方法とは、コンパイルのとき、BUILDではなく、BUILD&RUNを選ぶのだ(ボタンはBUILDの右どなり)。こうすると、コンパイルをしたあと自動的にデバッガーモードになるので、DEBUGメニューの「AVR Dragon Options」が有効になる。ここでdebugWIREモードをキャンセルしてISPモードに戻れば良い。』



http://gataro-avr-ken.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/avr-dragondebug.html

ヒューズビットを気にしないで編集・・・デバッグの行ったり来たりが可能になります
との説明です
後で試してみます












ATMEL JTAGICE3を追求中


ATMEL JTAGICE mkIIと3を追求中
ATMEL JTAGICE mkIIと3にて、TINY2313は書き込みのみ
デバッグ出来ないので、色々ネットで調査

PORTDのオンオフの簡単な物を
C言語で、デバッグ
問題なく動きました

TINY2313のアセンブラで動かしたいのですが、今のところ動かず
気になるところは、ヒューズビットのCKDIV8を有効にしている位が、凄く問題なのかも
今回のMEGA168P_ICE3では、CKDIV8を無効にしている





ATMEL JTAGICE mkIIと3


KEEにて JTAGICEを以前購入していましたが
書き込み機能だけ使っています
ICE機能が未使用
今回、JTAGICE3を入手して
デバッグ機能を・・・・と、でも同様です

この方は、廉価版にてデバッグ機能を使っています













eagle BMPデータ


eagleにて、色々な画像データから
基板を製作するのに
回路図を書き
ネットリストを利用してパターンを手で、
ルーティングします

その元と成る画像をBMPデータモノクロに変換しておきます
eagleのulpにて取り込みます
その時寸法がわかっていれば直ぐ変換可能です









LCメーターのテスト


2台程仕入れた物をテストしています

凄く良いのですが
使用しているスイッチの接触が悪いのかキャリブレーションが不安定になる時がある
でも、凄く良い性能のようです
NFブロックのLCRメーターにて比較しても遜色ない数値です
少し仕入れて販売しようか悩む

私の作った基板も利用して欲しいし














CNCインターフェース基板製造終了・・・の手前、完成数枚


基板カット後端面ヤスリかけ処理
半田不要をマスキング
部品のリード曲げ
部品挿入
フラックス付け
半田上げ
半田修正
デジタルトランジスタ付け


2012年3月9日現在 5枚完成






明日先行テストします

その後注文品の対応します

注文後ケーブル製作して出荷します








ウイルスチェッカーの怪


昨日何かのソフトをダウンロードするのに ノートンインターネットセキュリティ
と言うのを1ヶ月無料でインストール。
と言う物がありクリックしたら、朝から夜までシステムチェックしている
終了した後、メールを見たら
受信ボックスが空っぽ
全てゴミ箱に入っている感じ
自動でこんな事もするのでしょうか

何か不具合が発生しそうで怖い
winアップデートも同様に不具合でるかもと思いながら何時も実行する

心労の原因です












Arduinoで計る,測る,量る


Arduinoの応用編かな


Arduinoで計る,測る,量る 計測したデータをLCDに表示,SDカードに記録,無線/インターネットに送る方法を解説
icon

icon
icon


本の内容

計測したデータをLCDに表示、SDカードに記録、無線/インターネットに送る方法を解説。

目次

第1章 Arduino入門者にもプロにも優しいマイコン・ボード
第2章 Arduino IDEのインストールと基本となる使い方
第3章 Arduinoのサンプル・スケッチで基本的な入出力動作を確認する
第4章 アナログ入出力もスケッチが用意されていて使い方は簡単
第5章 測定結果をLCDに表示する
第6章 高機能シリアル通信I2C
第7章 SPIインターフェース
第8章 SDカード/マイクロSDカードにデータを保存する
第9章 イーサネットのネットワーク経由で測定データを発信する
第10章 XBeeでデータ収集
第11章 各種センサをつないで測定



応用のフェーズに移行でしょうか
眺めているだけではつまらないし














eBayで購入した、AD9851


1ヶ月過ぎに到着
微妙な期間でした

相手も安くすることに執念を燃やしているようですが
追跡が可能な程度に安い物を利用してくれたら
言うこと無し
数量でサービスの差をつけても良いと思う

でも安いです
商社の半額以下

この封筒は航空郵便ですが

m-DSCN5820.jpg





m-DSCN5821.jpg





m-DSCN5822.jpg



リードも印字も綺麗なのでリマーク品では無さそう

m-DSCN5823.jpg














ジャストミートな教本かも


超入門!FPGAスタータ・キットDE0で始めるVerilog HDL すぐ始められる!USB対応・書き込み器不要・大容量FPGA搭載!
icon
icon
icon





此処のリンクの紹介です、今まで気がつきませんでした。CQ読んでないから気がつきません




○InterFace 2009年9月号
○HDL独習ソフトで学ぶCQ Endeavor VHDL



FPGAボードで学ぶ組込みシステム開発入門 Altera編
icon

icon
icon





現在の基板製作経過


2相基板と5相基板とCNCインターフェース基板とその他。

スペースが埋まらない

L-WS001866.jpg





M-WS001857.jpg





M-WS001858.jpg





M-WS001859.jpg





M-WS001860.jpg





M-WS001861.jpg





M-WS001862.jpg





M-WS001863.jpg





M-WS001864.jpg





M-WS001865.jpg


















やっと、半田付け、リードカット



m-DSCN5807.jpg





m-DSCN5808.jpg





m-DSCN5809.jpg





m-DSCN5810.jpg





m-DSCN5811.jpg





m-DSCN5815.jpg




m-DSCN5816.jpg





m-DSCN5817.jpg





m-DSCN5818.jpg



半田修正とデジタルトランジスタ5個取り付けたらチェックに移行できます
明日ですね



基板切削データ




WS000040.jpg







チャイナの商品1ヶ月経過でも届かず


eBayで購入した、AD9851のデバイスが未着です
相手に打診したら普通便でトラッキング無し
多分、郵便封筒かも知れない
5個 50ドル一寸

何か倍近くで正規の商社の方が良かったかも知れない
他のLCR関係はアメリカの倉庫の商社から届いている

基板を製作しようとしているのですが
やる気が起きない

試しにチップワンストップで検索したら結構安い

WS001854.jpg




デジキーでも同様な価格ですね

WS001855.jpg


貧乏人の銭失いになるかも
博打は避けた方が心臓のために良いかもね
財布にも






切削基板の準備2




ofamily_3447154988530.jpg








WS000038_20120303133636.jpg






WS000039_20120303140552.jpg



コンバータ組み立て




m-DSCN5784.jpg





m-DSCN5786.jpg





m-DSCN5788.jpg





m-DSCN5789.jpg





m-DSCN5790.jpg





m-DSCN5796.jpg















やっと、明日半田付け



m-DSCN5780.jpg





m-DSCN5775.jpg





m-DSCN5802.jpg





m-DSCN5805.jpg





m-DSCN5806.jpg















プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示