FC2ブログ

禁断の領域に突入


今の横に成ってみている
4K テレビモニタにBluetooth接続の音出ししている
Bluetooth送信は
Agedate Bluetooth トランスミッター レシーバー Bluetooth送信機 受信機 一台二役 ワイヤレス オーディオ 3.5mmオーディオ


アンプは2ch高出力オーディオアンプ コンパクトサイズ 実効最大出力300W+300W Bluetooth接続対応 USB/SDカード再生可 Hi-Fiステレオパワーアンプ マイク入力可 12V 5Aアダプター付属 FMTLP298A
と言う物です

スピーカーは
JBL 2wayコンパクトスピーカー(ペア) Control 1 PRO-WH
DENON ブックシェルフスピーカー (2台1組) ブラック SC-M41-BK


JBL CONTROL 1G 50周年記念 徹底メンテ&匠チューニング 特別仕様品
『商品説明;JBL はCONTROL 1G 50周年記念に発売しました。

・それから、30数年が経過し音への技術変革の著しい昨今、改めて当時の製品の内部仕様や能力を検証すると、エッジの老化だけでなく容量ヌケコンデンサーなど、それらの交換、改良を加える事でそのポテンシャルを数倍にも引き上げる事が可能です。

・そこで本品は精魂込めてメンテナンスを行いJBL本来の状態に完全復元しているだけでなく、更なる音質のチューンアップ改良を行っています。

・エッジの交換だけでは決して元のJBL音質にはなりません。電解コンデンサーの寿命、ネットワークの劣化等の交換、補修が必ず必要です。


1.本製品はウレタンクエッジを使用し、長期に使えるよう水性ゴムで強化しています。 

2.交換したしたエッジに、特殊軟化剤を塗布してソフトにし、更に大きなドームストロークを 得ています。

・これをやるとやらないとは繊細な表現力に大きな差が出ます。


3..内部を分解し,スピーカーターミナルの磨きを始め、全ての接点をクリーニング、ネットワーク基盤のハンダ表面を無水アルコールで研磨して古いフラックスを完全除去、その後老化したハンダをオーディオ専用、無鉛銀ハンダで補正、通電効果を極限まで高めるなど、徹底した音質向上のための作業を愛情込めて行いました。

・フラックスを除去し、ハンダ補正をしてやる事で音楽の原音情報は重いコートを脱ぎ捨て、ハンダ表面を舗装された道のように気分良く(?)スピードを上げて原音を途中で溢すことなく音の出口まで走ってこれるのです。

4.音質を高めるためのあらゆる作業の14項目(ここでは具体的に書けません)を愛情込めて行いました。




・特別仕様品の概要;

1.電解コンデンサーをメタライズドポリプロピレンフイルムコンデンサーに交換、コンデンサー同士を合成附加してネットワーク構成をします。

・更に、フイルムコンデンサーをダブルで追加着装し高音をローカット、その結果、目から鱗の高音質を取り出すことが目的です。

2.内部配線にBELDEN を使用、低音から高音までのダイナミックレンジを更に高めシンバルのヌケの良さやアーティストの息遣いなど、ハッキリと感じられる様にします。

・どんなに高価で、高品質なSPケーブルを使っても繋いだスピーカーターミナルからユニットに至る迄の線材が良質なものでなければ音質低下を招きます。

・残念ながら、メーカーの量産品にはそれ程良いものは使われていません。

・音楽ジャンルに合うケーブルを十分に吟味し、高品質な内部配線を使う事でワンランクもツーランクも音質が上がります。







・音に拘りをお持ちの方、より良い音をお求めの方へ自信を持ってお勧めします。

・同類、他商品とは明らかに一線を画す音質性能を目指したチューンアップ品です。類似品にはくれぐれもご注意下さい。』


私の耳では
JBL 2wayコンパクトスピーカー(ペア) Control 1 PRO-WH

JBL CONTROL 1G 50周年記念 徹底メンテ&匠チューニング 特別仕様品
との区別がつきません

ノートのイヤフォンジャックからRCAピンジャックでアンプのLINEに接続
この音が少し悪いようです

改善計画推進中








プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示