2相ドライバー基板組み立て・テスト


5.1KΩ×6本をデジタルスイッチの上左から
右の1本は10KΩ

m-DSCN5671.jpg



R8は1KΩか8.2KΩ此処では8.2KΩを付けています

m-DSCN5672.jpg



デジタルスイッチの右の1本は10KΩ
C6,C1は104Zの積層セラミックコンデンサ

m-DSCN5673.jpg



C2は104Zの積層セラミックコンデンサ

m-DSCN5674.jpg



C5は104Zの積層セラミックコンデンサ

m-DSCN5675.jpg



C4はケミコン大きい方
此処では330uF50WV105℃を使用しています
極性注意

m-DSCN5676.jpg



C4はケミコン大きい方
此処では330uF50WV105℃を使用しています
極性注意

m-DSCN5677.jpg



C4はケミコン大きい方
此処では330uF50WV105℃を使用しています
極性注意

m-DSCN5678.jpg



C3はケミコン小さい方
此処では33uF50WV85℃を使用しています
極性注意

m-DSCN5679.jpg



C3はケミコン小さい方
此処では33uF50WV85℃を使用しています
極性注意

m-DSCN5681.jpg



DIP-SWは下向きに取り付ける
右から1~8

m-DSCN5682.jpg



DIP-SWは下向きに取り付ける
右から1~8

m-DSCN5683.jpg



大まかに差し込んだところ

m-DSCN5684.jpg



R7,9のボリュームは102=1KΩ

m-DSCN5685.jpg




R7,9のボリュームは102=1KΩ

m-DSCN5686.jpg



コネクターの連結は交互にアリ溝がついています
スライドしながら差し込みします
段差が無くなるまで平らに差し込みします

m-DSCN5687.jpg



デジタル電源と信号のコネクターは緑です
1カ所連結あり

m-DSCN5688.jpg



青は2カ所連結します

m-DSCN5689.jpg



モーター電源用に1個独立
モーター結線用に2個連結した物を使用します

m-DSCN5690.jpg



サンケン 2相モータードライバー
SLA7078MPR

m-DSCN5691.jpg



スポット差し込みます

半田をします
片方の足を仮付けしてリードをカットして
本半田します

m-DSCN5694.jpg



デジタルトランジスタ
1カ所をまず予備半田しておきます
トランジスタを仮止めします

m-DSCN5695.jpg



位置が決まっているか修正後本付けします

m-DSCN5696.jpg



半田後、スペーサー取り付けて組み立て完了

m-DSCN5699.jpg



当社のCNCインターフェースにてテストします
8PのEIコネクターに4芯コードのコネクターを差し込みます
私は
白 = 2
緑 = 4
赤 = 7
黒 = 8
としています

m-DSCN5700.jpg



白 = 2
緑 = 4
赤 = 7
黒 = 8

m-DSCN5701.jpg



ドライバー側は
赤 = +5V
黒 =  0V
白 =  CK
緑 =  DIR

REFにCNCインターフェースのEIコネクターの4Pの
いずれか対応している軸の所に接続します

m-DSCN5702.jpg



テスト完了すると 済みのスタンプが押されます

m-DSCN5703.jpg















関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示