10年以上前のアトメルチップの更新作業

AT90S1200と言う物を最初使用していました
現在は手に入りません・・・・・チープには

其処でAT90S2313を何年か前に検討していましたが
内部クロック動作なので
アダプターとか考えていたのですが
TINY2313に変更してみました

未だ、シミュレーターのみですが
時間割込みと、タイムベースと、EEPROMの変更で
動いて居ます

後は、ボードでスイッチとLEDにて確認しましょう

相違点            AT90S1200     TINY2313
内部クロックの違い    1MHz          4MHz   2秒では桁数が足りなくて、1秒2回とする
EEPROMの違い       プログラムが異なる、サンプルに習うと動作する
電源電圧監視        無し           BODヒューズモード2
ビットチェックが動作しなかった           命令変更
ベクターテーブルが異なる              増えたのと位置が異なる
スタックポインターがメモリーになり         プログラムで指示する







此は、AVRを最初に利用した物のようです
ジャンボロール巻き取り機に始まり

image1331A.jpg



image1341B.jpg



その後、リアルタイムな流量重量計測

image1331K.jpg



image1321J.jpg



image1391L.jpg



バクテリアでの生ゴミ処理機

image1361E.jpg



image1371D.jpg



1500個位利用した感じ
ICE200も商社に依頼して入手したり
でもデバイスは1000個位では当時は商社が高価でした。秋月に依頼して直接購入していました
10万円以上で5パーセント上乗せでも他のどこよりも安いです



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示