基板データ修正完了日


今回は今までで最大の種類を製作しています
面付け後少しでも悪いと修正に時間がかかります

ルールのデータを使用の物を利用していないで設計していたのが最大の間違いでした


【参照】P板.com専用デザインルールファイル
EAGLEを起動し、下記druプロセッサーリンクを右クリックで「対象をファイルに保存」を選択し、「C:\Program Files\EAGLE-5.10\dru」ダウンロードしてご利用ください。

2層板、パターン幅/間隔 0.127mm【標準】pban_5mil-l2.dru


上記を適応すると早く正確なデータが出来ていました

『EAGLE CADのデザインルールチェックでは、ベタパターンに対して、縦横のクリアランスは計測できますが、斜めの計測ができません。
従いまして、上記のDRUファイルをご利用の上、設計いただいておりましても、パターンクリアランスエラーとなる場合がございます。
回避策としては、ベタパターン生成 Isolateの値をデフォルトの「0」から「0.254」へと変更し、ご修正いただけますでしょうか。
※値を直入力することもできますが、最小 0.1mm(0.254mm推奨)にてお願いいたします。』

WS000084.jpg


ポリゴンでベタパターンを生成する時のルールの変更を適応しないと
基板生成ルールを下回るパターン幅になってしまう時があり自分では発見不能
ガーバービュワーでデータチェックの出来る物でないと不可能
EAGLEにてチェックかけてもエラーは発見できませんでした

修正した方法は
ばらばらの基板にデータを分解後チェックしたりデータを整え
再度面付けして行った

ガーバービュワーでデータチェックの出来る物
または
データが正常に生成できるCADが欲しいと思った瞬間でした
殆ど趣味の様な使用が殆どの時間なので普段は必要性を感じません
20万程になる基板の場合
遊び感覚では済まされません
少し身体が疲れてしまいました









関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示