最強 PSoC3 デバッグ画面


部品が見つからなくて
数日放置していましたが本日コネクターとクリスタルを発注

でもデバッグが可能な感じなので部品を探して
テストしてみました

デバッグコネクターが細いピンなのか、接触が悪い感じ

USBコネクターは表面実装ではなかったがペンチで矯正して半田付け

ジャンパーPINは写真を見て 4カ所

デバッグボードをコネクターで接続
コネクターが熱くなる
半田をベットリつけて後で吸い取る予定が、忘れていました

ドライバを入れ替えて
認識完了

テストプログラムをロードして
コンパイル
書き込み
デバッグ

すんなり動きます

m-DSCN6025.jpg





m-DSCN6027.jpg





m-WS000148.jpg














部品の在処
水晶 24MHz STK500の箱の中 16MHzのクリスタルと一緒に入っていた
水晶の箱に戻しておく

コネクター 先日別物で購入しておいた 6PINのハウジングを使用

ジャンパーピンはパーツケースに入っていた

USBコネクターは表面実装物では無いがペンチで矯正して使用









此のICは040では無く最大規模の物では無いのでアナログが劣る







2013年5月3日追加
ジャンパーピンについての説明のメモ
基本 2枚目の写真のようなジャンパーで
デバッグボード接続時は此で良い様です

DSCN6699_R.jpg








関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すみませんが、デバックボードではなく、
USBを直接PSoCに挿した際のジャンパ品の設定方法について
教えていただけないでしょうか?
P10のUSBPとVDDDを接続だけでは動作しないため、
(またVDDDとVDDAを接続すると異常発熱)
何か設定が足りないのかと悩んでおります。

基板はあるのですが本を捨ててしまったため、
教えていただけますと助かります。

電源

USBのみの電源は別途ジャンパーが必要なようです

デバッグボードとUSB同時使用でも可能なので
USBの電源はジャンパーしないで利用した方が良さそうです
プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示