CNCインターフェース基板・・・カレントダウン


CNCインターフェース基板の
D-SUB25PとモータードライバーへのインターフェースICや汎用入出力IC
此処にバッファーを設けています
ノンインバータ(非反転)です


WS000232_20120601172327.jpg


ノンインバート(非反転)です
反転しません

WS000231_20120601162459.jpg


全体図 クリックするとでかい図面で見られます

DSUB25PtoAM26LS31_HC541.png


カレントダウンが正常に効く時に回転方向が逆にしたい場合
此処の条件で逆にするとカレントダウンが効かなくなります
パルスの出る方向が反転すると何時でも信号がある方向でパルスを待機してしまいます
するとカレントダウンが無効に成り不都合です
此処ではカレントダウンが有効な状態にしておきます

WS000328.jpg


回転方向変更はDIR LOWACTIVEを有効無効で行います
2013年12月8日追加 画像

WS000279.jpg







汎用入力はLOWにて入力を検知します
プルアップされた入力です
非常停止も同じです、常時閉のスイッチの場合条件を逆に設定して下さい
+5V電源を設けています

WS000332_20120601173222.jpg



17ピンのオープンコレクターや1,14,16ピンはバッファICによる電圧出力です

WS000330_20120601173221.jpg


テスト時の出力の設定で使用しています

WS000331_20120601173220.jpg



取説の図では判りにくいのでピン番号と信号名をレイアウトを合わせました

DSUB25PtoAM26LS31_HC541_PCB.png




上記の条件でカレントダウンが正常に効く時
モーターの回転方向を逆にしたい時
例として
当社のモータードライバーの時、モーターの配線を 赤、青を入れ替えます
逆方向に回転します
注意・・・・此の時はモーター電源がオフの時行います
電源オンで作業するとモータードライバーのICが壊れます


m-DSCN6148.jpg



もう一つの方法
モータードライバーへの信号の8ピンのコネクター
緑色のDIRが4ピンにしていますが3ピンにすると反転します

m-DSCN6149.jpg











以前、私の説明でMACHの回転方向の設定はコンフィグのモーターのタグで
反転設定で行うと言っていましたが、カレントダウン機能を利用していた場合
カレントダウンの条件ではなくなると回転方向は合っても
カレントダウンが無効になる、MACHの取説でもそのようになっているはずですが
当社のインターフェースを利用してカレントダウン機能を利用したモータードライバーの場合
上記の反転方法が重要になります

変更の優先順位としては
CNCインターフェース基板のコネクター側 差動の場合はDIRの2ピン入れ替え
又は、DIRのピンを4から3に変更

次の手として、モータードライバーのコネクター2PIN入れ替え

2013-12-08訂正





参考にして
長時間切削可能なマシンにして下さい



関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CNCインターフェース基板・・・カレントダウン

... CNCインターフェース基板・・・カレントダウン secさんがCNCインターフェースのカレントダウン部分を公開されています。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示