LTC2440も追加


LTC2440のエバボードも追加
なかなかリニアテクノロジーの設定画面が凄く良くて気に入ったので
注文中
50ドル

WS000077_20130511012914.jpg


通信ボード 
50ドル

WS000078_20130511013059.jpg





LTC2400より変換速度が速いようです

『LTC2440 - 速度/分解能を選択可能な24ビット高速差動ΔΣ ADC
特長

出力レート:最大3.5kHz
速度または分解能を選択可能
出力レート880Hzでのノイズ:2μVRMS
同時50/60Hz除去、出力レート6.9Hz時ノイズ:200nVRMS
NL 0.0005%、ミッシング・コードなし
オートスリープにより、6.9Hzで20μA動作が可能
5μV以下のオフセット(4.5V < VCC < 5.5V、-40℃~85℃時)
GND~VCCの同相範囲をもつ差動入力と差動リファレンス
待ち時間なし、入力ステップ後でも各変換が正確
内部発振器-外付け部品が不要
待ち時間なし、入力ステップ後でも各変換が正確
内部発振器-外付け部品が不要
LTC2410とピン・コンパチブル
16ピン細型SSOPパッケージの24ビットADC

少しでも早くてノイズが少ないと良いのですが

『LTC2400 - SO-8パッケージ、24ビット、マイクロパワーΔΣADC

特長

SO-8パッケージの24ビットADC
INL 4ppm、ミッシング・コードなし
フルスケール誤差:4ppm
オフセット:0.5ppm
ノイズ:0.3ppm
内部発振器-外付け部品不要
最小110dB、50Hz/60Hzのノッチ・フィルタ
多重化アプリケーションに対応する単一変換セトリング時間
リファレンス入力電圧:0.1V~0.9 × VCC
ライブ・ゼロ-拡張入力範囲により12.5%のオーバーレンジおよびアンダーレンジに対応可能
2.7V~5.5V単一電源動作
低電源電流(200μA) および自動シャットダウン


アナデバのエバボードは
100回サンプルとすると最初のサンプルもデータとして使用していて凄いノイズのような
表現に成っています
マイコン処理部の平均化とかに凄く影響しています
最初切り捨てることが出来たらアナデバのも凄く良いエバボードに成るのですが
残念です
後、トレンドグラフとしてリアルなオシロスコープのように表示していると良いのですが
100回サンプルとすると全てのデータを取り込んでから表示処理する
凄いストレスがたまります

TIのも早くパソコンソフトが実行可能になれば細かい設定が出来そう
速く動作したい












関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示