ヨーグルトの製造方法と食べ方


製造方法のメモ

器具の消毒
大きなステンレスのボールに
ポットのお湯を注ぐ
900CCの容器とスプーンとヘラを投入
万遍なくお湯に浸かるように器具を動かす

平行に
お鍋に900CCの容器で計量した牛乳を入れる
好みでお砂糖も入れる
沸騰しないようにヘラでお鍋の縁をかき混ぜて
タンパク質が固まらないようにする

牛乳の加熱後、お鍋ごと大きな器にて水と氷で冷却する
お鍋の肌が熱くなくなったら殺菌した温度センサーを入れて測温
45度以下になったら
ヨーグルト1カップ投入
ヘラで良く攪拌して玉が無くなるようになるまで続ける

900CCの容器に移すが、お鍋の底に濃いヨーグルト成分が残るので
空いたヨーグルトカップに予めスプーンですくって容器に余裕を付ける
900CCの容器にすり切りまで入れて空間をなくす

蓋を慎重に閉めて
加熱用のポットに投入

42.0度で6時間から7時間

最初は10時間ほど加熱したが
ホエーが多く分離が進みすぎたかも





良く冷やしたヨーグルト
完成したてにはホエーが有ったようでも冷やすと吸収してしまうようです

お好みでフルーツの缶詰を細かく砕いて

650CCの容器に
1回分300CC程小分けにする

DSCN7171_R.jpg



ヨーグルトがすり切りの状態で綺麗に出来ている

DSCN7172_R.jpg





DSCN7173_R.jpg



赤いのは、BIOのイチゴです

DSCN7174_R.jpg



すくっても形が綺麗です

DSCN7175_R.jpg



フルーツと合わせて

DSCN7176_R.jpg



計量後、かき回すと何時も食べているBIOのイチゴの食感と味です
高額なヨーグルトの製造が付加価値があって楽しい

DSCN7177_R.jpg












関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

切り粉好きです、CNCやってます

  • Author:切り粉好きです、CNCやってます
  • 思いっきり
    切り粉を出したい
    激安をメインテーマに
    CNCマシン製作
    基板切削までの道のり
    治工具製作
    工房整備
    色々考えてしまい、頭が破裂しそう

    ヘロヘロに成って
    只今、ジャン測や電子工作してます
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示